赤い女神 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)

著者 :
  • 白泉社
3.28
  • (0)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883746

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同時収録作品

    ナポレオンと私
    水色のマリー
    お嬢さんは原始人
    ソフィの人形劇
    たなばた
    エリザベスの太陽
    ナオは光の中で
    ルナの休日

  • それこそ40年近く前に「別マ」で読んで、
    いつかもう一度読みたい...と永年願っていたのが
    十年越しくらいでかないました(^ ^

    ガラスの仮面以前の、かなり古い作品集。
    読んだことあるのは、タイトル作のみでしたが、
    その他の作品もなかなか味がある(^ ^

    今読むと、実はかなり差別的な表現が多い(^ ^;
    巻末にもちゃんと断り書きがあるくらい(^ ^;
    が、あの当時はそういう風潮が主流だったし、
    基本的にはそのまま復刻されているようです。
    さすがに「らい病」は直されてたけど(^ ^;

    あと、絵柄が古くさいのも仕方がないというか、
    当時はかなり斬新な表現だったはずなので、
    それはその後の「漫画界」の進化の影響。

    コマ割り、構図なども、今の漫画の方が
    ずっと自由度が高いしダイナミックではある。
    が、この時代をリアルタイムで知っている身には
    ある種のノスタルジーを感じられてよい(^ ^

    赤い女神なんか、ストーリーの本質はいいんだし
    誰か「リメイク」しないかなぁ...などと思った(^ ^

全2件中 1 - 2件を表示

美内すずえの作品

赤い女神 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)はこんな本です

ツイートする