ルーとソロモン (第1巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1998年12月1日発売)
4.33
  • (13)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883784

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遺伝的な問題か否か、あっという間に巨体化した雑種犬のソロモンと、
    飼い主となったウォーカー家の人々。
    絵柄はかわいらしいが、
    異常に思索的な(要するに人間臭い)犬と周囲の人々が、
    辛辣なやり取りを展開する短編連作マンガ。
    ソロモンと、彼が「チビちゃん」と呼ぶ幼い次女ルー(ルシール)の仲は良好で、
    二人(?)が醸し出すほのぼのとした空気にホッとする。

    【2巻感想に続く】

  • ルーになりたい。ソロモンに守られたい。

  • こちらは全2巻。これはもう、問答無用に笑っちゃいましょう!「食ってやる〜」

  • 母の本。
    ギャグ!
    がんばってるルーがステキ。

  • 三原作品には珍しく女の子が多くて華やか。実質的にヒロインのピアがたいへん魅力的。最初は完全な敵役なのだが、徐々に内面が描かれていく。世間でもうできてしまった自分に対するイメージは、なかなか覆せない辛さってあるよね。

  • 巨大な犬ソロモンと飼い主ピアとルーの泣き笑い劇場。解説:若木未生。

全7件中 1 - 7件を表示

ルーとソロモン (第1巻) (白泉社文庫)のその他の作品

三原順の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ルーとソロモン (第1巻) (白泉社文庫)はこんなマンガです

ツイートする