NATURAL (第1巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.89
  • (35)
  • (32)
  • (46)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 213
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883944

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 白泉社文庫、全5巻読了。ペルーの少年を養子にした家族と彼の同級生との高校時代を描く。登場する子達が、身体の中から突き動かされる意志に沿ってタイトル通り自然体で話し行動する。何でも話すのではなく根掘り葉掘り聞きだすのでもなく「その時」がくるまでそっと寄り添う。時が来たら言葉でも分かち合う。大切な人との関係はこうありたいと思う。「花よりも」「エイリアン」「CIPHER」の中では一番心に落ちた。

  • 成田先生の漫画を読むと、人を愛せるような、信じられるような、そしてそうしたくなるような気持ちになる。 愛に溢れてるんだよなあ。すごく前向きになれるんです。ミゲールを中心に描かれる人と人の繋がりがまた素敵で…。

    なぜか大沢君がとても好き。なんでだろう。笑

    全5巻

  • 全11巻 完結

  • 『花よりも花の如く』を読み、読みたくなった。
    話は能とは関係ないところで進んでいるけれど本質は同じだなと思った。
    ひたむきで、まっすぐで、こんな風に生きていければと思わせられる。

  • ペルーの少年ミゲールの成長物語。ミゲールが真面目すぎて、生き方変えようかと思うくらいのめりこみました。バスケと弓道と、家族とリコと大切なものをどう共存させていくのか、息をのんで見守りました。でも流れている時間はおだやかで、成田先生の絵がとてもきれいで雰囲気ぴったり。これから部活やろうと思っている高校生にもおすすめできる青春漫画!

  • 価値観が変わっていくさまが丁寧に描かれていて良かった。絵が若干古め。

  • 一番好きなマンガ!何度読み返したかわからないくらい読んだ。キャラクター一人一人とても魅力的で、私は特に堂本くんが大好きです!青森に行ってみたくなる★

  • ペルー生まれの主人公、純粋で仲間思いで、でもただの青春ものでなく自分自身の内面とも向き合うところがいい。バスケだけでなく、神社や弓道もでてくるのがおもしろい。

  • ペルーから来た男の子を中心とした話。

    不器用で愛情深いけど、
    心に傷をもったミゲールを支える
    周囲の家族、友達の思いやりが
    本当に繊細にきれいに描いてある。

    内容も、弓道、バスケ、神社やお祭りなど
    文化にも触れていて、勉強にもなる。

  • 成田さんの漫画って良いのよね~。
    淡々と進む感じもあり、熱いのである。
    じんわり心に広がるっていうのかなー。
    いいお話書くんだよね。大好きである。
    生とは死とは、人とは、繋がりとは。
    そーいうのをじっくり考え直してみたくなる本です。
    「花よりも花の如く」ってお能のお話もあるのだけど、
    そっちの憲人と西門が兄弟だったりして絡んでいたりするのである。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

成田 美名子(なりた みなこ、1960年3月5日 - )は、日本の漫画家。代表作は、『エイリアン通り(ストリート)』、『CIPHER(サイファ)』など。血液型はAB型。
青森県青森市出身。青森県立青森東高等学校出身。1977年、『花とゆめ』(白泉社)掲載の『一星(いっせい)へどうぞ』でデビュー。
登場人物の前向きな姿の描写へのこだわりで知られる。マンガ評論家ヤマダトモコは、成田作品の個性を「明るさへの意思」だと評した。

NATURAL (第1巻) (白泉社文庫)のその他の作品

NATURAL 1 (白泉社文庫) Kindle版 NATURAL 1 (白泉社文庫) 成田美名子

成田美名子の作品

ツイートする