ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1998年3月1日発売)
4.07
  • (210)
  • (105)
  • (158)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 1033
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・マンガ (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592884019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心惹かれるタイトルと表紙。
    5巻まで先輩に貸してもらったのだけど、あっという間に5巻にたどり着きそうな気がする…。ピンチだ。

    涙を流しながらにっこり微笑むありすが好き。
    「家族みんなで頑張ろう」と笑いかけてくれるお母さんが好き。
    輪くんも、小椋くんも、鈴木さんも、錦織くんも、田村さんも、みんな笑顔が優しい。

    何かが始まる気配はあるけど、ありすの周囲はまだまだ平和。
    地球を守るってどうするんだろう?

  • 亜梨子という高校生の女の子が、隣に住む小学生の輪君を謝ってベランダから突き落としてしまい、この事故がきっかけで輪君は前世の記憶を呼び覚まされます。同じように前世の記憶を持つ他の6人の少年少女が互いに引き寄せられ、前世に翻弄されながらも、そこから解放されようと葛藤する物語です。
     月と地球・前世・信仰など、神秘的なモチーフが叙情豊かに描かれており、各場面の一つ一つは、絵画のような美しさです。台詞も詩的で、「懐かしい」「どこかに帰りたい」という言葉が喚起するイメージが印象的に用いられています。一方で、各キャラクターの描写については、嫉妬・エゴ・心の弱さといったネガティブな部分も、人間のありのままの姿としてありのままに描いています。設定のロマンティシズムと、人物描写のリアリズムが並び立っている独特の雰囲気が、この作品の魅力だと思います。
     また、同じ場面を登場人物それぞれの視点で描き直しているところが面白いです。同じ場面が間を置いて登場し、複数の人物により語り直されることにより、各キャラクターの本当の思いが分かり、そしてその本当の思いというのが言葉とは裏腹なものだったということが明らかになります。そのすれ違いのシビアな描き方がすごく好きで、作品の神秘的な雰囲気ともどもどっぷりはまっていました。

  • ふるえ本より

    SF作品ながら、それぞれ人間味にあふれる登場人物たちが魅 力。主人公・木蓮に父ロジオンが言う「犠牲を伴って生きてき た者は精一杯生きる義務がある」というセリフからは、命ある 物を食して、その命と共に生きているということを改めて教え てもらいました。

  • 前世と現世の関係をなどなど、かなり練りこまれた面白い話です。

    本文と関係ないけど、
    「フ・ロンがオ・ゾンをいじめてるんだ」
    というモブセリフが忘れられない。

  • 再読。まだただの輪とありすだった頃のじゃれ合いを読んでいると感慨深い。

  • 別世界が出てきてから、急に続きが気になり始めた。

  • 世界史の先生に薦められ。

  • ーーー回帰しながら未来へ還っていく。

    なんて素敵なことばなんだろうか。

    どこか懐かしいひと、まわりにいるひと、みんな前世のどこかでつながっていたのかもしれない。そんな奇蹟を信じてみたくなる。

    わたしはこの物語の木蓮と紫苑が好きで好きで。よく似た性質で惹かれあっているのにうまくいかなくってすれ違ってばかりで、切ないふたり。
    紫苑が本当の想いを吐露するところ、木蓮の愛の告白。どうしてすれ違ってしまうのか、本当に苦しい思いでした。

    最後の最後、ふたりは、自身の生まれ変わりであるありすと輪によって互いの愛を確かめ合うことができたのです。感動。
    永かったね、よかった、、、、!

    だいすきなだいすきな作品。
    何度よんでも涙してしまう、そして、強く生きよ、と背中を押される。

    未来にむかって。

  • 何か長編漫画が読みたくて、BASARA好きな人はこの作品も好きな人が多いとネットでみたので購入してみた。
    1巻が一番ぐっときた。
    その後はあまり入り込めず。そういえばSF苦手じゃないか!私!

    「リアルさ」「共感できるか」が自分にとっては大事なんだろうな。
    セリフ等がいちいち難しくて、何度か繰り返し読まないと意味がわからないところがたくさんあり、スムーズに読めなかった。

    ありすはいいけど、木蓮は最後まで好きになれなかった。
    紫苑や秋海棠も、かわいそうだし痛々しいけど、あまり好きじゃない。
    他の転生メンバーや脇役にはいいキャラが多くてよかった。はじめくんが素敵です。

    私はちょっとハードルを上げすぎましたが、SFが好きで、ロマンチックな話が好きな人にはおすすめ。

  • ファンタジー物はあまり好きではないけどこれは何故かはまってしまいました。そして最初から最後まで輪くん大好きでした。
    グラタン作ってあげたいです。

全114件中 1 - 10件を表示

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)のその他の作品

日渡早紀の作品

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする