まるいち的風景 第1巻 (白泉社文庫 や 7-5)

著者 :
  • 白泉社
4.25
  • (23)
  • (18)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 156
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (467ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592885351

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全2巻。
    文庫版のまるいちは分厚い!

    行動トレース型ロボット、まるいちが居る世界。
    無表情だけれど、愛嬌があって可愛い。
    教えたとおりにしか動けない(からこそのトレースなのだが)から
    自分のアラも良く見えるかな、とか世知辛いことを考えつつ。
    見た目は小学生に間違われちゃうこともある主人公(20歳男子)の有里くん。彼は性善説を地で生きている。
    そして物事の本質をちゃんと見極められる目も持っている。
    たとえば、騙されたとしても、騙した方が卑怯者と謗られるだけで、騙された方の尊厳が落ちるわけではないと知っている、というような。
    傷ついたり痛い思いをたくさんしてきたから、人にやさしくできるのだと思う。きっと、それが本当の心の強さなのだろう。

    そんなふうに考えさせられるこの作品は、
    可愛らしい顔のまるいちをオブラートのようにして、テーマは存外に奥深いのかもしれない。

    • takanatsuさん
      永遠ニ馨ルさん、こんにちは。
      まるいち私も大好きです!
      自分の分身のようにもなり、自分の大切な人の空気を残してくれる存在でもある…というのが...
      永遠ニ馨ルさん、こんにちは。
      まるいち私も大好きです!
      自分の分身のようにもなり、自分の大切な人の空気を残してくれる存在でもある…というのがまるいちの素敵なところではないかと思います。
      特にすずめちゃんとお母さんのお話が好きです。読む度に号泣しています。
      「傷ついたり痛い思いをたくさんしてきたから、人にやさしくできるのだと思う。きっと、それが本当の心の強さなのだろう。」
      本当にそうだなぁと思います。自分が傷ついたことがなければ傷ついている人の気持ちも分からないんですよね。どうすれば相手が楽になるかも分からないし。
      有里くんから学ぶことがまだまだたくさんあるなと感じています。
      2012/10/24
    • まろんさん
      わあ、ぜんぜん知らなかったマンガなのですが
      永遠ニ馨ルさんのこのレビューを読んだだけで
      読みたくなってしまいました。
      「騙されたとしても、騙...
      わあ、ぜんぜん知らなかったマンガなのですが
      永遠ニ馨ルさんのこのレビューを読んだだけで
      読みたくなってしまいました。
      「騙されたとしても、騙された方の尊厳が落ちるわけではないと知っている」
      そんな有里くんに私も会ってみたくなりました♪
      2012/10/24
    • 永遠ニ馨ルさん
      >takanatsuさん
      こんにちは♪
      ここにもまるいちファンの方が!
      すずめちゃんとお母さんのお話は私も大好きです!
      すずめちゃんのお母さ...
      >takanatsuさん
      こんにちは♪
      ここにもまるいちファンの方が!
      すずめちゃんとお母さんのお話は私も大好きです!
      すずめちゃんのお母さんの深い愛情はもちろんのこと、
      その江戸テーマパークでこっそり逢引しているまるいちも、
      寺子屋に通う男の子の姿をそっと見ている女の子のまるいちも、
      感情も表情もないはずなのに、
      私の胸をすごくきゅんとさせてくれました。


      >まろんさん
      こんにちは♪
      有里くんはぱっと見、単に人が良いだけの人なんです。
      (開発部の部長さんにいいオモチャにされていますしね(^^;
      けど、物事を受け止める度量が広いというか、
      「まずは信じてみようよ」
      と前を向き続けているところが素敵なんです。
      もし機会があれば、ぜひ読んでみてくださいね♪
      2012/10/24
  • 私的に新社会人にお勧めしたい一冊。
    前作のお伽噺よりも少しだけ「苦味」が加わって…私はなぜか仕事に疲れた時に読みたくなります。
    優しすぎず、厳しすぎない…そんな作品です。

  • 「モノ」と「ヒト」との関わりが、とても暖かい話です。
    柳原さんの漫画は、モノへの視点が暖かい!
    「文明の利器だから素晴らしい」「いやいや無機物なんてダメ、人間万歳」なぁんて極端なことを決めつけずに、文明の利器だからこそ便利で素晴らしい点、しかし、不便だとしても人だからこそ出来ること、その両者の良点を等しく取り上げる、素敵なストーリー満載ですよ。

    文庫版、表紙がイイ!(作者のブログの写真より)
    なのにまだ画像がない!

    リアルタイム読者だから、そりゃ単行本完備してますけど、でも、これは表紙デザインの為だけに買っても良いなぁ…。

  • 久し振りに読みました。
    「まるいち」はトレース型ロボットなので、持ち主または持ち主等が1度行動を見せて登録しないといけないのが面白いですね。
    持ち主等が苦手な行動・出来ない事は登録出来ない。でも、出来る人に変わりに行動して貰って登録は可能。

    ストーリーは「張り子」の話から、内容に違和感を感じた。急に人の想いに鈍くなっていて、主要キャラ達が無神経な人間に思えた…
    同じ行動しか出来ないのだから、伝統工芸品の作成は無理でしょ?あれは同じモノが出来ないのが魅力的なんだから…、その時その時に出来る違いが粋なんだから…
    工場生産品を作るのなら理解出来るが…

    「まるいち」の存在価値を生産者が理解していないのはおかしい…

  • 人を模して真似る鏡に映る風景描写
    「純真」「天然」「典型」に代わる
    時代を映すか変わらないものを映すか
    人は鏡のロボットのように変わる得るか

  • ロボットもの。
    ロボット好き。
    そういえば、この人のマンガを読もうと思ったきっかけは、このマンガでした。
    読むまでに、何年かかっているんだか……。

    今まで読んだ歴史物と比べると、現代劇なので生か死かというような緊迫感はないかな。
    それでも、けっこう、どうしようもない、そして甘くない現実が、しっかりとかかれています。
    ロボットまるいちも理想化されることなく、ちゃんと問題点がかかれていて、それがドラマと密接に繋がっています。

    だからといって、作品が暗くなるかといえばそんなことはなく、しっかりと前を向いて歩いている感じがとっても良いです。

    この人のかく話って、基本的に人情話です。
    でも、凄いところは、いつもいい人達の集まりの人情話ではなくて、悪意ある世界の中での人情話であるっていうところですね。

    性善説ではやっていけない。でも、そんな中でも、いい人であることはできるかもしれないし、自分の周りの世界を倖せなものにしていくことは出来るのかもしれないと感じさせてくれます。

    そして、単純に、ロボットたちは可愛いですよね。

    りんは、KAMATAのまるいちとMURATAのチアリーディング部を応援しています(笑)

  • 夢中になって読んでいると、つい少女マンガということを忘れてしまう作品だと個人的に思います。世界観やキャラクター全員に共感できる面白いSFです。

  • 登録した人間の行動を忠実に真似するロボット「まるいち」と、そのモニターをすることになった主人公の幸太をとりまく物語です。
    この作者独特のほのぼのした雰囲気のなかで、
    人間社会とロボットのかかわりを深く考えさせられるテーマのもと、
    さまざまなお話が繰り広げられます。

    ちなみに花とゆめの単行本の方では最終話はなく、
    文庫本のみで完結します。

  • まるいち…家電メーカーKAMATA&Co.Ltdが開発した、行動トレース型ロボット。

    ほのぼの漫画。
    まるいちは若者ウケしなさそうだけど、なんとなく好き。

    文庫が出てたので未収録作品が載ってるから買いました。
    で、久しぶりに読み返したら…深い!!
    「感情だけでビジネスができますか」というリタに向かって、
    牧内さんが
    「世界は感情で回ってる。そのおこぼれに預かるのがビジネスさ」
    っていうセリフが印象的。
    社会人になったら違う読み方が出来ると思いました。

    昔は、頼っていい「誰かが」「誰だか」わからない っていう
    子どもの感情とかに、共感していたような。

    個人の想いと世の中の理不尽な流れのギャップが描かれてる作品。
    悪人はいなくて、正解もなくて、
    だれもが自分の正義を貫こうとして、
    それがたまに切なさを生み出してる。

    しっかし、主人公カップルがほのぼの過ぎる…。

  • 大好き! 何度読んでも泣ける。

全16件中 1 - 10件を表示

柳原望の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×