王室スキャンダル騒動 (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.72
  • (25)
  • (8)
  • (45)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :140
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (449ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592886020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エヴァンジェリン姫シリーズ。

    絵は正直、プロのレベルではない。
    でも面白いし、実がある。

    本作と作者を世に出した白泉社に敬意を払う。
    昔の白泉社はそんな器の大きさがあった。
    そこから沢山の傑作が出てきたんだよなあ。

  • ある国の王女様が巻き起こすどたばた王室コメディ。王女様らしからぬ言動は楽しい。結婚相手の王子がゲイというネタもこの人らしくていいなぁ。

  • 女子に振り回される男子がだいすきならこれはもう不朽の名作。
    嫌味にならない女子キャラクター(この本だとエヴァ姫)の暴走とその真っ当な真っ当に生きることのできる自由さに、ため息つきながら振り回されフォローしてまわる男子(この本だとオーソンと執務官たち)なんてまあなんてたまらないの。
    ぎりぎりで恋愛ものにならないところがまたいいんですね遠藤淑子さんの場合は。

  • エヴァンジェリン姫がかわいいです。
    自由奔放やりたい放題の女の子と、振り回される男の子という遠藤さんの王道は、最初からだったのかー。
    行動に筋は通ってないように見えても、考えや信念には筋が通っている、そんな女の子も遠藤さんの作品の魅力要素。

  • 幸せの本質を考えてみる。

  • エヴァンジェリン姫シリーズも好きだったなあ。収録作「アルト…」が、一番、初読みの印象が強いです。

  • ドタバタコメディー降臨(笑)。絵柄は古めですが、話が面白い。

  • ハチャメチャぶりが大好きです。設定からして突飛で良いなぁ、、、と。遠藤ワールド全開の一冊。

  • この作者さんの本ではこれが一番好きです。ほのぼのしているんだけど、ストーリーがしっかりしてて面白いです。短編が何話か収録されてますが、一冊の本に映画が何本か入ってるみたいに凝縮されてます。

  • エヴァンジェリン姫の無鉄砲な行動にハラハラしたり泣いたり笑ったりの大忙しで読みました。
    こんな国があったらいいなー、と思わせてくれる本。

全17件中 1 - 10件を表示

王室スキャンダル騒動 (白泉社文庫)のその他の作品

遠藤淑子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

王室スキャンダル騒動 (白泉社文庫)はこんな本です

ツイートする