修道士ファルコ (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.96
  • (18)
  • (16)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (465ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592886273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ケルン市警オド』を読んだらこちらが久々に読みたくなりました。
    修道士なのにワケありで頭頂部が剃れない主人公。少女漫画だから剃ってしまうと途端に格好良さが無くなりますものね。剃れない理由が悩ましくて良いです。
    元騎士だけあって剣の腕も抜群で所属する修道院にトラブルがあると借り出されて色々と大変な目にあうコメディ仕立てですが流石は青池先生、背景の書き込みや時代考証等もしっかりとされているので笑いながらも色々と勉強になります。ミステリ、推理と中身も濃いです。
    一話目でドン・ペドロが登場するのには感激しました。彼と同時代なのだ、と思うと更に時代背景が分かりやすくなりました。

    現在、秋田書店に移って連載を再開されているので1巻2巻はこの本と内容が被ってしまいますがこちらも揃えなければ…。

  • エーベルバッハ市(ドイツ)にまで足を運んだ青池ファンの一人です。スペインとドイツを舞台に、修道士ファルコの活劇が見られます。歴史的背景はもちろんばっちりリサーチされており、歴史ファンも納得の作品だと思います。人物も魅力的ですが、背景の描き込みがすごい。もちろんストーリーも秀逸なものばかり。ワキを固める脇役も個性が強くて、ギャグとシリアスのバランスに青池節炸裂です。主人公をトンスラ(てっぺん禿げ)にしたくなかったという作者の少女漫画への意気込みも感じられます。『アルカサル王城』の世界観とも重なるので、両方セットでおたのしみいただくとよろしいかと。修道士オドが好きです。俗世から抜けきれていないところが(笑)。

  • 修道院好きにはたまらない^^

  • しっかりとした世界観で、登場人物もみんなキャラが立っていて楽しい。ファルコのトンスラも見たかったな…なんて。

修道士ファルコ (白泉社文庫)のその他の作品

修道士ファルコ (Jets comics) コミック 修道士ファルコ (Jets comics) 青池保子

青池保子の作品

ツイートする