フラワー・オブ・ライフ 第3巻 (白泉社文庫 よ 4-6)

  • 白泉社
4.06
  • (26)
  • (36)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 311
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592886945

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 心配からの依存なのかもしれないが、そこの心理をとても気持ち悪く思ってしまった。
    そこからの告白の流れがなんだか唐突に思えて、そこだけはもやもやしている。

    ラストは最初読んだときはなんだか尻切れトンボのような、無理やりまとめたような感じがしてしまったのだけど、人の人生のうちの1年を切り取ったらこんなもんかなって。

    その後も彼らの人生は続いていくけれど、別にいきなり何かがうまくいくわけでも、大きく変わるわけでもないし、でも少しずつ何か変化して成長していくんだなって。

    て、思ったらなんかしっくりきた。

  • 今読むとバクマンみたいな展開だ(笑・こっちのほうが先だけどね)。クリスマス会は楽しかったし、はる太と翔太の担当さんも良い味だしてるし、若者には若者の、大人には大人の、それぞれの事情があって人生は誰にとってもハッピーなばかりではない。大団円の終わり方ではないけれど、だからこそハル太が生きるにしろ死ぬにしろ、彼ら彼女らの人生はこれからも続いていくのだと思わされるところが良かった。

  • みんないいこたち…!!

  • 普通の、普通の、高校1年生の1年間。いやもちろん漫画だから、ちょっと普通じゃないところもあるんだけど。しかし全編を通して流れるのは、普通の高校生活、それが詩的であるということ。漫画オタクの女子、小太りの男子、ちょっとごつめの優等生、みんなそれぞれに内にひとつ抱えて生きている。それに比べて教師をはじめ大人たちの頼りなく、身勝手で弱々しいこと。

    題名の意味は、物語の終わりに突如として知らされる。楽しかった高校時代を持つ人たちは共感せずにはいられないだろう。

  • 2012 1/23読了。WonderGooで購入(古書)。
    表紙にもなっている真島大躍進、後に失墜、でも回復?とかにじたばたする。
    途中まで超高校生級の体験かと思えば春太郎の言葉でごくふつうの高校生である現実がさらされて、でもそのおかげで凶行は止められて。
    途中までのドSっぷりも好きだけど、そのあとでもいいなあ、真島。

    フラワー・オブ・ライフというタイトルの意味も明かされる。
    若い盛り。若い盛りで。

  • よかった!
    高校の一年間。いろんなイベント、仲間を通して成長する一年。若い盛りにはあっという間のことだ。春太郎と翔太の友情にほっこり。
    10年以上前の、あの感情が呼び起こされる。機微が繊細に描かれていて、読後感は爽快。

  • 人の弱さが辛い。

  • 1~3巻通しで読んだ感想です。

    読む前までは正直あまり期待してなかったんですが、これはすごく面白くて、好きな作品です。

    白血病で一年遅れで入学した春太郎。目立つのがキライなマンガ好きでおデブな翔太。見栄えがいいのに、腐れオタクで性格に難ありの海。
    この三人を軸として日常が描かれているのですが、ほかにも、

    オカマちっく(?)な担任の滋と数学教師のホモなの(?(笑))不倫関係とか、料理上手だけど引きこもりの姉とか、同じクラスの女子同士の友情関係とか。

    一見ありえないような学園生活ですしキャラの設定もちょっとぶっ飛んでいるように思えますが、、よくよく読み進めていくと、優等生でも不良でもない普通の生徒達の姿がいきいきと描かれていて、引き込まれます。

    ストーリーも、家族模様や恋愛、不倫、友情、目指せマンガ道(笑)とか、盛りだくさんな内容が同時に進んでいきますが、けして複雑な印象ではなく、キャラクター達の魅力でわかりやすく読み進めることが出来ました。

    途中のエピソード、手書きマンガの(回し読み)大ヒット(笑)とか、それを原作とした学園祭のクラス劇対決なども、大笑いしながら読みました。

    青春ものとしては王道でないのかもしれませんが、キャラクター一人一人がとても魅力的なので、読後感はよかったです。

    「大奥」とはまた違った、名作だなぁと思います。オススメです。

  • たくさんの辛いこと、やさしさからうまれる残酷な嘘、
    哀しいことはあったけれど、
    つまるところここにあるのはあたたかな光。

  • 「きのうなにたべた?」に掲載されていた広告を見て、同様のほんわかほのぼのとした高校生たちの日常物語を期待して第1集~第3集までまとめ買い。予想に反して、登場人物の瑞々しい日々の美しさと脆さが、清々しくもとても切ない余韻をもたらした作品だった。

    月に1度白血病の検査を受ける主人公。仕事にもなじめず不安定な姉。教師と教え子の恋愛、不倫。自分の世界で生きる友人。拙い漫画の持ち込み。

    ひとつひとつのエピソードにある登場人物の心の機微や、高校生独特の若さの描写が緻密でいいなと思ったが、なにより優れているのはこういった人々の危うい感じを単純なハッピーエンドに落とし込まなかったことだと思う。

    一生懸命で、不器用で、ひた向きで、ささいなことで心をいつも忙しく動かしていた登場人物たち。そして、そうしたキラキラとした青春は決してなにかドラマチックな結末を持つことなく、彼らは静かに現実へ帰っていく。

    第1話で「素直さ」でもって自分の心を開いて接した主人公は、最終話で友人に自分を「隠す」ことを覚える。

    真っ直ぐで繊細で美しい、夢のような花盛りの日々はそろそろおしまい。他人を気遣うことを覚え、自分や現実と向き合うことを覚え、そうして高校生の彼らは一歩一歩大人になる。
    最後のページはそんなことを表しているようであった。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2002年、第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。現在、白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載中。2006年、第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』などがある。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』などがある。

「2020年 『きのう何食べた?(17)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よしながふみの作品

フラワー・オブ・ライフ 第3巻 (白泉社文庫 よ 4-6)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×