サバの夏が来た (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.94
  • (54)
  • (26)
  • (60)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 296
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592887003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大島弓子が好き、さらに、猫が大好き。
    の、人という、非常にターゲットが絞られた漫画です(苦笑)
    わたしは、猫好きの条件を満たしていなかったので、うーん、なかなか辛かった…

  • 新年初読み。猫と(もっといえば動物たち)人間を隔てる境界線が曖昧な大島弓子のマンガ世界の豊かさよ。でも、少し不思議な読み心地。

  • なんとなく敬遠していた猫ものだが、悪くない。気軽に読める。
    サバの去勢手術のあいだに見る「ツミとバツの桜ふぶき」は経験があり身につまされる。

  • かの有名な「綿の国星」は読んでいないのですが、古本屋で見かけてつい買っちゃいましたw
    のんびり、まったり、ほんわかな感じの中にもさりげない鋭さがチラホラ。動物見るのは好きだけど、買うのは手間、と思っている私でさえ心惹かれるサバの愛しさ・・・猫好きさんにはたまらん感じなのでしょうねぇ(笑)

  • こんな風に猫を愛してみたい。
    猫飼いたい。

  • 文庫サイズの大島弓子のネームは、老眼にはきびしかった。

  • 大島弓子のエッセイは普通の暮らしがとても幸せなものに見える。私もこんな風に暮らしたい。

  • 大島弓子による、一匹目の猫のサバとの暮らしをマンガにした感じ。
    猫だけじゃなくて、近所の公園に捨てられたニワトリとかも出てくる。
    グーグーだって猫である、に比べると、猫を含めた生き物がもっと擬人化されていて、作者の想像がずっと投影されている感じ。何せ猫もニワトリも基本的に人の姿で出てきます。猫の飼い方も今の常識からは、かなり逸脱しているから、本当に猫大好き!猫大事にしたい!って人はイラっとくるかもしれません。私の場合は、こういう時代もあったのね、と思ったのみでしたが、それでも人間の食べ物をホイホイあげてるところを見て、ちょっとびっくりしました。でもむかしはこれが普通だったんだろうな。

    基本的に作者が猫を含めた人間の言葉を喋れない生き物を大事にしている視線のような物が伝わってきて、それがとても気持ち良かったです。


    サバ

  • 猫が飼いたくなる…

  • サバという猫と一緒に暮らす作者の大島さんのエッセイ集。
    大島さんが人間離れしているようで、じつは人間臭いと感じた。すぐウツになったりするところが特に。
    サバと大島さんがお互いにべったりでないところが惹かれる。
    サバはサバで世界があって、大島さんは大島さんで生活がある。情感豊かな物語の中に絆を感じる。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

栃木県生まれ。短大在学中に『ポーラの涙』でデビュー。昭和53年より「月刊ララ」に掲載された『綿の国星』は、独特の豊かな感性で描かれ、大きな反響を呼ぶ。『ミモザ館でつかまえて』『夏のおわりのト短調』『パスカルの群』など著書多数。

「2011年 『グーグーだって猫である6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島弓子の作品

サバの夏が来た (白泉社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする