八雲立つ 第2巻 (白泉社文庫 い 1-19)

著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2008年7月15日発売)
3.80
  • (13)
  • (18)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :135
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592888024

八雲立つ 第2巻 (白泉社文庫 い 1-19)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 若宮祭(2~4)(蒿と夕香)
    隻眼稲荷(1~2)(50年の巫女、3本目の神剣は売りに)
    衣通姫の恋(1~3)(寧子東京へ、脩、世裡)

  • 内容とは全く関係ありませんが、真夏に出たのにコートが表紙ってのに驚いてしまった!!

  • レンタルで

  • 七地兄妹は最強だと思うよ。こんなふたりに好かれる闇己は幸せ者すぎる

  • 健生が出雲で出会った巫覡の少年・闇己が上京し、彼の叔父の家に下宿することになった。健生の妹の夕香は、闇己が若宮小路と呼ばれる、いつも怖くて通れなかった場所で”念”を祓うのを見て、彼に興味を持つ。一方、健生は闇己の従弟である蒿から夕香に”念”が憑いていると告げられる。闇己と蒿、事あるごとに衝突している2人であったが、闇己は蒿に神剣を使って”念”を祓うようにと告げて…。巨編サイキック・サスペンス第2巻!!

全5件中 1 - 5件を表示

八雲立つ 第2巻 (白泉社文庫 い 1-19)のその他の作品

八雲立つ 2 (白泉社文庫) Kindle版 八雲立つ 2 (白泉社文庫) 樹なつみ
八雲立つ (2) (花とゆめCOMICS) コミック 八雲立つ (2) (花とゆめCOMICS) 樹なつみ

樹なつみの作品

八雲立つ 第2巻 (白泉社文庫 い 1-19)はこんな本です

ツイートする