あんまりすてきだったから

  • ほるぷ出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593103294

作品紹介・あらすじ

あんまりすてきだったから歌手のうたごえがあんまりすてきだったから、こんちゃんはお手紙をかきました。こんちゃんの心のこもったお手紙をはこぶゆうびんやさんは、なんだかうれしくなって、くちぶえをふきました。くちぶえをきいたやまめは、なんだかうれしくなって、しぶきをあげてはねました。こんちゃんのうれしい気持ちが、ふしぎとみんなに伝わって…。

すてき! と思った人にはお手紙を出しましょう。 
うれしい気持ちがどんどん広がる、くどうれいん初めての絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「あんまりすてきだったから」出版記念トークイベントの情報|ウォーカープラス
    https://www.walkerplus.com/online/o50005890/

    はじめての絵本『あんまりすてきだったから』がほるぷ出版より刊行されます | くどうれいん(工藤玲音)公式ホームページ
    https://bit.ly/3wXvQmy

    MIYAZAKI HIROKAZU - GALLERY.CO.JP
    https://www.gallery.co.jp/artists/miyazaki-hirokazu/

    あんまりすてきだったから - ほるぷ出版 こどもの本のほるぷ出版
    https://www.holp-pub.co.jp/book/b607057.html

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

くどうれいん
1994年、岩手県生まれ。作家。著書にエッセイ集『わたしを空腹にしないほうがいい』(BOOKNERD)『うたうおばけ』(書肆侃侃房)。歌集に『水中で口笛』(左右社)。小説『氷柱の声』(講談社)で第165回芥川賞候補。創作童話に『プンスカジャム』(福音館書店)がある。

「2022年 『あんまりすてきだったから』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くどうれいんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×