ターちゃんとペリカン

制作 : 西園寺 祥子 
  • ほるぷ出版
4.02
  • (14)
  • (15)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593500079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • >ターちゃんは、新しい長靴を波にさらわれてがっかり。
    キャンプにきた少年と、年老いたペリカンとの交流をさりげなく描いています。

    以前次女の幼稚園参観で読み聞かせの会の方が読んでくれ印象に残っていた絵本。

    ぐわぁー!と口を開けて長靴を見せるペリカンのページがお気に入り。

    ターちゃんとペリカンはもちろん会話はできないけれど、心が通じ合っているのがよく分かります。
    つかず離れずの友情関係がとてもいいなと思います。
    控えめな色彩の絵も素敵でした。

  • 『えほんのせかい こどものせかい』で紹介されていたので、早めに借りた。

    魚釣りをするターちゃんとペリカンの夏休みの交流のおはなし。

    まず絵だけよむ、ということをやってみた。
    絵が丁寧に場面を刻んでいるし、クライマックスは見開きで迫力があり、好印象。
    実際に文と絵とをよみはじめると、絵のよみおとしに気づいた。
    内容もおもしろい。
    夏休み、子どもは非日常の子どもの世界で、出会いがあるもの。
    ペリカンがいい味を出している。
    ……ペリカンって海にいないよね?
    色鉛筆風な絵もすてきなのだけれど、もうちょっと明るいと良かったなぁ。

  • 読了後の満足感がたまらない。素朴で美しい絵もすばらしい。ページを開くと、すぐに、だれでもターちゃんと自分を重ねることが自然にできるだろう。そして小さな冒険をして、また少し大きくなる。

  • 夏休み前に読み聞かせしてあげたい。夏にはこんな出会いがあるかも?!と思うとわくわくしますね。絵も美しいし、ペリカンの狩りも躍動感があって、そういうところは聞き手の子ども達がグッと引き込まれていくのが伝わってきます。

  • なかなか読み応えあるお話でした。

    ペリカンとの出会いの背景が分かりづらいけど、ストーリーは楽しい。

    せっかくの獲物だった魚を落としてしまったペリカン、ながぐつが流されてしまったターちゃん。

    ラストにニコッとしてしまいます。

  • Y17-5226

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • 28年度 (2-2)
    7分

  • 図書館にもあります。

  • ペリカンがいいんだけど、潮が満ちてきて危ない感じがする
    長靴をとってきてくれるとこは幼稚園以下でないと受けないかも。ターちゃんて、本名何か知りたい

全23件中 1 - 10件を表示

ドン・フリーマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
レミー チャーリ...
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする