ガンピーさんのふなあそび (海外秀作絵本)

制作 : 光吉 夏弥 
  • ほるぷ出版
3.69
  • (26)
  • (42)
  • (60)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :396
  • レビュー :55
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593500307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そろそろこの本の季節かなと、過去記事を読み返してみたら、なんと載っていない。
    こんな有名な作品を忘れていたなんて、思わず「ガンピーさん」に謝ってしまった。
    この作品で、作者のジョン・バーニンガムさんは1970年にケイト・グリーナウェイ賞を受賞している。

    良い絵本とはどういうものか、この作品を読むたびに教えられる。
    子供たち・うさぎ・猫・犬・・・と、次々にガンピーさんの舟に乗りたがるが、そのたびに「いいとも・・〇〇しなけりゃね」というガンピーさんの穏やかな言葉が繰り返される。
    のんびり・ほのぼのとした川くだりの始まりである。
    見開きの、左側がモノクロの線画で、右側に大きくカラーの動物が描かれる。その安定感がなんとも心地よいのだ。
    特にうさぎと猫とやぎが綺麗で、「あら、こんなものも描き込まれてる!」という楽しさがある。
    そして、小さな舟にそんなに乗って大丈夫かな?とだんだん心配になった頃、ちゃんとお約束どおり舟がひっくり返る。
    みんな、ガンピーさんとの約束を守れなかったのだ。

    それでもちっとも怒らないガンピーさん。
    この後、みんなで一緒にお茶をする見開きのシーンが出てくる。いかにも英国!
    ここはぜひゆっくりと見せてあげてね。
    しかも最後は「またいつか 乗りにおいでよ」という素敵な言葉で終わるのだ。
    【もりのなか】の最後のお父さんの言葉と同じで、こういう大人のひと言で、どれだけ子供の心が安定するか、計り知れないものがある。素敵だなぁ。
    小さな冒険があっても、はじめの場所にまた戻ってこられると言う幸せ。
    主役のガンピーさんの鷹揚さが、何よりも素晴らしい。大人はこうでないとね。
    夏に読むにはぴったりの、なんとも爽やかな一冊。
    ガンピーさんが自分の家の前で舟を漕ぎ出すシーンの、静かな緑色の場面だけでも、好きになってしまうかも。
    日本とは違う、かの国の鮮やかな緑色を思い描いてうっとり。。。
    ゆっくり読んで約5分。3歳くらいから。低学年でも喜んで聞いてくれる、と思う。

  • どんどん賑やかになっているはずなのに、終始、静かな雰囲気の絵本でした。ガンピーさんが穏やかで静かな雰囲気のある人だからでしょうか。
    お、怒らないんだ...!とちょっとつっこみをいれてしまいました(笑)
    最後お茶会のシーンが素敵です。
    絵が一枚一枚ポストカードになりそうなくらいきれいでした。

  • たしかに。これは賛否別れるだろうな。そして、人生の中で読むタイミング、というか解釈が難しい絵本。

    生きるって、理屈じゃないし、うまくいかないことの方が多い。
    でも、最後に“お茶”の時間があることが大切だよね。
    うん、そう、お茶でいいんだ。

  • ふしぎな読後感の本です。
    ガンピーさんは、次々あらわれる子供や動物たちに、条件付きで舟にのってもいいよ、というのに、その条件をやぶっても怒るでもなく、取り乱しもせず・・。
    大人ってそうあるべきなのかもしれません、と思わされます。
    てらいがなくて心にすっとはいってきます。

  • 【5分 小さい子から】大型絵本あり。定番のくりかえし ほのぼの できれば夏

  • Y18-N04-H161

  • 独特の線画が面白い。
    言葉遊びのような物語がリズム楽しい。
    どうということのない内容だけど、どこか忘れがたい印象を残す不思議な作品。

  • >ガンピーさんが小舟で出かけます。
    途中で子ども、ウサギ、ネコ、イヌ、ブタ、ニワトリ、ヤギ……と、つぎつぎに「乗せてください」と乗りこんできました。
    はじめは無事でしたが、さて……。

    ガンピーさんってなんて優しくておおらかなんでしょう!
    いつもこんな気持ちでゆったりと子育てができたらどんなにいいか(現実はなかなか・・・)
    大人も子どもも、この絵本を読むと穏やかな気持ちになりそうです。

    『ガンピーさんのドライブ』もよかったけれど、こちらの方がよりお気に入りになりました。

  • ガンピーさんが小舟で出かけると、子どもや動物たちが「いっしょにつれてって」と、次から次へと乗りこんできます。みんなはしばらく川下りを楽しんでいたのですが、そのうちだんだん大騒ぎになっていき、とうとう小舟はひっくり返ってしまいました。(約5分)

  • 図書館で借り。
    「クシュラの奇跡」で紹介されてたので。

    こないだはドライブだったねー、ガンピーさん、みんなが大騒ぎして船がひっくり返っても、怒らずにお茶に招待して、またおいでよ、って誘うなんて、やさしいね、などと5歳児と話した。

全55件中 1 - 10件を表示

ガンピーさんのふなあそび (海外秀作絵本)のその他の作品

ガンピーさんのふなあそびの詳細を見る 大型本 ガンピーさんのふなあそび ジョン・バーニンガム

ジョン・バーニンガムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
ジョン・バーニン...
A.トルストイ
シェル・シルヴァ...
酒井 駒子
モーリス・センダ...
にしまき かやこ
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする