美女と野獣

制作 : エロール・ル・カイン  矢川 澄子 
  • ほるぷ出版
3.82
  • (11)
  • (11)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :113
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593501823

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原話は18世紀フランスのヴィルヌーヴ夫人によるもの(ただし、現在普及しているのは、同じく18世紀フランスのボーモン版)。本書はローズマリー・ハリスの再話。ほぼ原話通りのようだ。3人娘の3女が活躍するのは、昔話の常道。日本民話の猿婿入り(地方によっては異なる伝承も)も、サンドリヨン(2人の姉は継母の娘だが)もそうだ。また、娘の真実の愛によって呪いがとけるというのも王道。今回のル・カインの絵は、表面に薄墨をかけたようなタッチ。また、繊細な線描タイプではなく、もう少しマッスな絵画風。これもまた独特の美しさだ。

  • 心をみるのは簡単なことじゃない。
    表面に惑わされないようにしたい。

  • やはり、矢川さんの翻訳で読むのが1番です、

  • ほとんど全部読んでて、
    もってるのはキューピッドとプシュケー、魔法使いの娘かな。作品によって絵柄、模様、描き方が全部違うの。
    フォックス奥様の婿選びも好きなんだけど、アマゾンに出てこないなぁ

  • またひとあじちがう
    美女と野獣の世界

    絵柄がきれいです

  • 美しい。ストーリーはこれが原作?なのかな。「キレイさん」て翻訳してるのに好感もてた。笑

  • 美女と野獣の話を初めて知ったような気がする。
    今までいばら姫と混同していた。

  • 私のル・カイン好きを知って友人がプレゼントしてくれた思い出の絵本。
    十分すぎるほど美しい絵本ですが、友人への感謝も相まってさらに素晴らしい、宝物の一冊です。

  • 末娘のお土産にと野獣のバラを1本とってしまった父親は、
    野獣に身代わりに末娘を城に連れてくるよう言われる。
    野獣の城で過ごすことになった末娘ベルは、野獣と一緒に
    過ごすうちに野獣の醜さも気にならなくなっていた。
    ある日ベルは父親の様子を見に1週間家に帰らせてほしいと
    お願いするが・・・

全14件中 1 - 10件を表示

ローズマリー・ハリスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エロール ル・カ...
ウォルター ペー...
A.トルストイ
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
なかがわ りえこ
ナオミ・ルイス
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする