うさぎのだいじなみつけもの

  • ほるぷ出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593503889

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館本。

    原題『The Bunny Who Found Easter』
    原作:シャーロット・ゾロトウ
    絵:ヘレン・クレイグ
    訳:松井 るり子

    ある日、ひとりで目を覚ました兎。静まりかえった森にいると、友達が欲しくなりました。梟に「他に兎のいるところを ご存じですか?」と聞くと「イースターは 兎だらけじゃないか」とのこと。イースターってどこ?たぶん イースト(東)だろうと、探しにでかけます。探している間に季節は巡り…

  • 絵がとても素敵な本です。自然描写が美しく、目を奪われます。ただ、話の内容が「イースターを探しにいく」という概念的なものだったので子供には少し難しいのではないかと感じました。

  • 一人ぼっちのうさぎがいた。
    うさぎは友達が欲しくなり、物知りのフクロウに聞いてると、イースターにはうさぎがたくさんいると言われる。
    フクロウはイースターというのだから東の方に行けばうさぎがたくさんいるのでは、と教えてくれる。
    暑い夏の池、野原、夕立。
    秋の紅葉した木、リンゴの木。
    寒い冬、一面の雪、リス、鹿。
    どこをみてもイースターらしきものはない。
    ところが、とうとう、辺りが暖かくなり春が来た。
    そして、1匹のうさぎの足跡を見つける。
    メスのうさぎに出会ったうさぎは元来た道を戻り、たくさんの子供が生まれる。
    うさぎはイースターは場所ではなく、たくさんの命が生まれる春、時のことだと気づくのだった。

    フクロウがイースターとイーストを関連付けて考えたせいで東へ東へ1年間の旅。

    最初からうさぎの横や後ろにはねずみがいて、ずっとついてきて、うさぎがメスのうさぎと出会ったときにねずみも相手のねずみを見つける。
    本筋に関係ないらしく、画家が勝手に付け加えただけらしいけれど、ねずみと友達になるかと思っていたのでならなくて残念。

  • 仲間をさがしてうさぎが旅をします。
    本文には記載はないものの、かたわらにねずみがいて常に寄り添うように一緒に行動しているのに兎は気づいていません。
    その存在に気づけはどんなに互いに癒されたのだろうかとせつなくもなりました。

  • 高田弘子さんからいただいた絵本です。

  • 2011年8月11日

    <The Bunny Who Found Easter>
      
    日本語版装幀/湯浅レイ子(ar inc.)

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1915-2013年。米国ヴァージニア州生まれ。ウィスコンシン大学卒業。出版社で50年以上にわたり児童図書の編集者として活躍するかたわら、絵本作家として60冊以上の作品を出版。主な絵本に『うさぎさんてつだってほしいの』(冨山房)、『かぜはどこへいくの』(偕成社)、『ねえさんといもうと』(福音館書店)、『あらしのひ』『いつかはきっと』(ほるぷ出版)、『はるになったら』(徳間書店)などがある。

「2018年 『かあさん、だいすき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャーロット・ゾロトウの作品

ツイートする
×