まだまだつづきがあるのです

制作 : Quentin Gr´eban  ふしみ みさを 
  • ほるぷ出版
3.84
  • (6)
  • (9)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593505241

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あるあついあつい日のことです。太陽をたっぷりあびたオレンジがひとつ、枝からポトンと落ちました。そこにとまっていた青い蝶がふわりととびたち・・・

    風が吹けば桶屋がもうかる的な話の展開で、関係のないように見えるものがつながってつながって、市場はハチャメチャ!でも、かしこい王様はハチャメチャの原因をみんなに聞いてたどっていく。

    王様の面倒くさそうな顔がなんかいい。
    そして、ハチャメチャの原因はオレンジで、オレンジが悪いからジュースにして飲んじゃう!
    一件落着。

  • 舞台は中東のあるあつい日の事です。太陽の恵みをいっぱいあびたオレンジがひとつ枝だからポトンと落ちました。
    事件はここから始まって行きます。まだまだつづきがあるのです・・とリズミカルに繰り返される言い回しが 次にどうなるのか・・・。楽しい展開が繰り広がります。

  • ある日ポトンと落ちたオレンジから事件がはじまる。で、オレンジで事件が終わる。ん~そんなに面白くはない。

  • 2013/7/11 6年生。

    低学年から大人まで充分に楽しめる本。読み方に工夫をつけるともっと面白くなるかも。

  • もしかしたら、すべての出来事はこんな風に繋がっているのかもしれない。

  • ★★★★☆
    あつい夏の日、オレンジがすべての事件の発端でした!
    かしこい王様は事件を解決できるかな?
    (まっきー)

  • 2012/11/06 3-1

  • いや、もういいよ。

  • 2012年7月19日

    <Jusqu’ici,tout va bien!>
      
    日本語版装幀/鳥井和昌

  • 「ねぇパパ、どうしてシマウマはローラースケートをはかないの? 」
    「ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの? 」
    の作者です。

    この本は一緒に読んだ「レアへのおくりもの」と同様の正統派(?)絵本かと思ったのですが、ぽたんと落ちたオレンジのせいでどんどん物事が連鎖していくという遊び心があるお話しで、最後のオチでは上記の二冊のようなスパイスも効いているお話しでした。

    題名は思い出せないけれど、途中どこかの昔話だかで同じような作りの話があったのを思い出したのが最後もやもや感で残ってしまいました。「わらしべ長者」ではないんですけどねぇ…

全17件中 1 - 10件を表示

カンタン・グレバンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユリー・シュルヴ...
くすのき しげの...
ユージーン トリ...
かがくい ひろし
ひがし ちから
ヨシタケシンスケ
長谷川 義史
かがくい ひろし
トミー=アンゲラ...
中村 牧江
佐々木 マキ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする