てっぺんねこ (海外秀作絵本)

制作 : C.Roger Mader  灰島 かり 
  • ほるぷ出版 (2015年9月25日発売)
3.60
  • (5)
  • (4)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593505784

作品紹介・あらすじ

絵本の舞台とは、フランス・パリの街中。エッフェル塔のうしろには、晴れやかな空がひろがります。そんなおしゃれな風景を自由に動き回るのは、白黒の”はちわれ”猫。猫の毛並みや動きが表情豊かで写実的なイラストに、ユーモラスな顔やポージングが楽しい。お話は、少しハラハラドキドキさせつつも、ほっとするオチもあって、繰り返しページをめくりたくなります。子どもから大人まで楽しめる、猫の絵本です。

てっぺんねこ (海外秀作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵はとてもきれいでインパクトがある。
    ネコ好きにはとてもよい絵本だと思う。

  • 表紙の猫が「ボクを手に取って!」っと訴えかけるような目線で見つめてきます。これは猫好きであるならばスルーできない一冊と思ってしまいました。

    絵がやはりいい。猫のしなやかさがどのページも愛嬌たっぷりに表現されています。
    そしてストーリーも「猫だよな」とクスリと笑い、ハラハラさせられそしてやっぱり…という起承転結の典型のような展開。
    彼と一緒にてっぺんから眺める街並みは最高ですよ。

  • 我が家のグラーフにそっくりなネコが主役です。
    しかもドンクサイところもそっくり!
    黒白ツートンのハチワレは同じような性格なのかもしれない。
    見ていて、心がほっこり、ニンマリしてしまう素敵な絵本。

    2016 8冊目

  • 2016年3月31日

    <Tip Top Cat>
      
    日本語版装丁・デザイン/オーノリュウスケ

  • バルコニーがお気に入りだったけれど、一旦落ちて苦手に。
    でも、最後にはまたバルコニーへ。

  • コマ割りと、全体の大きな絵が上手く描き分けられています。きれいな絵お話と合っています。
    4歳くらいから。

  • 可愛くて立ち読みしちゃった。しっぽとかてのうごきとか細かいーー

  • 体温が感じられそうなねこ

  • 猫のリアルな描写とパリの風景が楽しい
    コミカルなコマワリを目で追う
    それぞれの表情がいいね
    ≪ ぼくは今 せかいのてっぺん 日が暮れる ≫

  • 高いところに登るのが好きな猫が、その高いところにから落っこちてしまい、一時高所恐怖症になるがまた高いところへ来てしまうという話

全11件中 1 - 10件を表示

C.ロジャーメイダーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ティエリー・ロブ...
ヨシタケ シンス...
tupera t...
ヨシタケ シンス...
刀根 里衣
デビッド マッキ...
ヨシタケ シンス...
ジョン・クラッセ...
いまい あやの
ヨシタケ シンス...
ドリュー・デイウ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする