甲虫のはなし (かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち)

制作 : シルビア・ロング  千葉茂樹 
  • ほるぷ出版
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593505890

作品紹介・あらすじ

甲虫は はずかしがりや  甲虫は おいしい
甲虫は いろいろ  甲虫は……おもしろい。
あらゆる生きもののなかで、いちばん繁栄していて、さまざまなすがた形や生態のものがいる甲虫。
多様でおもしろい甲虫の魅力を、美しいイラストで紹介する知識絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恐竜が生きてた3億年前から棲息していた甲虫たち。色とりどりで、さまざまな姿かたちをした甲虫の生態を美しいイラストレーションで綴る。虫好き、甲虫好きにはたまらない1冊

  • シルビア・ロングの美しい絵とともに甲虫を紹介する科学絵本。
    海外の絵本なので、やはり普段見慣れない虫が多い。カミキリムシやタマムシはたくさん登場するけれど、カブトムシがほとんど出てこないのも、アメリカの絵本らしい趣で面白い。

  • 色鮮やかな甲虫たちを紹介する絵本。色がきれいなだけでなく、レイアウトもすみずみまでデザインに気を配ったすばらしい絵本です。昆虫たちの興味深い生態はもちろん、大昔の、琥珀に閉じ込められた甲虫まで紹介。もしも森や野原でこの絵本の甲虫をみつけたら、きっと嬉しくなっちゃうでしょう!

  • 虫が嫌いな娘も近くで甲虫の美しさに魅入ってました。触角や足がきみわるいと普段はみないのに、近くでみてました。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

アメリカのテキサス生まれ。大学ではジャーナリズムを専攻。1996年からこどもの本を書きはじめる。現在は、執筆のかたわらNPO団体“オズ・プロジェクト”を立ち上げ、子どもたちを気球に乗せるなど、感動的な体験を提供する活動をしている。メキシコ在住。

ダイアナ・アストンの作品

ツイートする