もみの木 (国際アンデルセン賞受賞画家絵本シリーズ)

制作 : スベン・オットー  木村 由利子 
  • ほるぷ出版
3.23
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784593521128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後は薪になるもみの木。
    森でしあわせだった時はそのしあわせに気づかず、クリスマスの素敵さの興奮は一夜で終わり、あとはひとりぼっちで淋しく思い出だけを胸に過ごして終わる。最後の文章「しあわせはおしまい、ついでにお話もおしまい、どんなお話もいつかおしまい!」はどんな解釈を求めているのだろう。それとも解釈なんて野暮で、悲しい音楽みたいにその美しさに心を沿わせて味わうものだろうか。
    このお話の美しさは、都会に憧れる少年のように実体がわからない虚飾なものに憧れる純粋な「憧れの心」そして願いが叶うが叶った直後の落胆という「陶酔のち絶望」、最後に余韻で思い出の光、というところか。
    アンデルセンらしい悲しいお話、最後に薪がくべられてパチパチいうのはもみの木がクリスマスの夜を思い出していました、というのは結構好きだ。それは心から美しいと思った。

  • か、かなしすぎません?

  • 挿絵がとても素敵でクリスマスにぴったりの本と思い話の内容を知らずに図書館で借りてみました。4歳の息子に読んであげたら「かわいそうだー。このお話もうやだ」と号泣していました。

    「あるお母さんの物語」でも号泣した息子。悲しい結末が多いアンデルセンの物語を読んであげるのはまだ早いのかも。

  • 読んだのがちょうどクリスマスシーズン、子どもはツリーの木をじっと見つめていました。

全5件中 1 - 5件を表示

もみの木 (国際アンデルセン賞受賞画家絵本シリーズ)のその他の作品

もみの木 Audible版 もみの木 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
もみの木 (青空文庫POD) オンデマンド (ペーパーバック) もみの木 (青空文庫POD) ハンス・クリスチャン・アンデルセン
もみの木 (青空文庫POD) オンデマンド (ペーパーバック) もみの木 (青空文庫POD) ハンス・クリスチャン・アンデルセン

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドナルド・ホール
モーリス・センダ...
マーシャ=ブラウ...
クリス・ヴァン・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする