オリンポスの神々と7人の英雄〈3〉アテナの印 (パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々シーズン2)

制作 : Rick Riordan  金原 瑞人  小林 みき 
  • ほるぷ出版
3.94
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (589ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593534883

作品紹介・あらすじ

半年ぶりにアナベスと再会したパーシーは、喜びもつかの間、逃げるようにユピテル訓練所を旅立った。今回の旅のメンバーは、七人の英雄-パーシー、アナベス、ジェイソン、パイパー、リオ、フランク、ヘイゼル-と、保護者のヘッジ先生。八人を乗せた戦艦アルゴ2号は「死の扉」と行方不明のニコをさがしにローマをめざすが、宿敵ガイアが支配する亡霊や怪物たちが次々と現れる。その上アナベスは、母アテナから命じられた秘密の使命のことをだれにも話せずにいた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

    やっと7人揃っての冒険スタート。

    最初からスムースにはいかなかったな。雰囲気良く行ってらっしゃいとはいかず。

    皆ティーンエイジャーらしく悩みはいろいろあって、特に女子チームは男子より恋愛のことも考えててウザいなと思うこともあるけど、時々ならスパイスってことで。

    それにしてもタルタロス側に行くのはニコかと思ってたけど予想外。

    面白くなってきた。

    連続で読んでるので疲れてきたけど……。
    (160906)

  • いつの間にか新刊出てたんですね。しかもこれが最新刊じゃないと言う。びっくりびっくり。図書館に普通にありました。予約せず借りられたわけです。

    ついにギリシャ側とローマ側の英雄達が集合したわけですね!しかし1,2巻の内容結構忘れてて。これが図書館族の弊害ですね。1巻は家にあるんですけど。ん?ってなったその場で読み返して確認が出来ない。

    でもまあ、概ねイケました。
    ヘイゼルの過去と、レイナの恋模様くらいかな、忘れてたの。

    今wiki見てきたら本国では既に完結しているようですね。
    にしてもネタバレ凄かった!!あんなに詳細な内容がwikiに載ってるとは……(^◇^;)
    見ないようにせねば!!

    ちょっとアラクネには同情しますけども。
    あんまりアナベスが好きじゃないからかしら。

    ジェイソン?は今回ちょっと影が薄かったですね。パーシーがいるとやっぱりそっちに持っていかれる感じかな。主人公ぽいですもんね、パーシー。

    ヘイゼルとリオ、好きだけどなあ。

    ヘイゼルとリオのトリップと、海底の訓練所のくだりが好きかな!

    4巻は既に予約済み。

  • なぜか三巻で完結、とずっと想って読んでました(笑)
    読み終わってびっくり。
    終わってなーーーい(当たり前)

    ここから何年待たされるんだろう。
    巻きでお願いします。
    だって、だって、いいところなんですものっっ。

  • 7人の英雄がやっと揃う。
    ただ、7人それぞれにいろいろな事で苦悩していて、この上この絶望的な状況で世界を救えとか、あまりにかわいそう。
    親であるはずの神々は力を貸してくれるどころか、足を引っ張りかねない有様だし。
    いったいどうなることなのか。

    またもや、いいところで終わってしまって続きが待ち遠しくてたまらない。

  • 2014年最初に読んだ1冊。7人の特徴がそれぞれ際立っていて、どの子も好き。アナベスとバイパーの女子がどちらも凛々しい。リオもいい。神は、ますますしょうもない奴らに描かれている。つぎが出るのはまた一年後なのかしら。待ち切れない。

  • ついに7人が揃った3巻目。せっかく和やかな雰囲気でローマ側がギリシャ側を迎え入れたのに、なぜかアルゴⅡ号はニューローマの街を攻撃し始める・・・。
    今回はやっとパーシーとアナベスが再会。しかし上記の件で、ローマ側に追跡されながら、冒険の旅に出ることに。しかもそれぞれが様々な予言を受けているのようで、バラバラの行動が多い気がする。
    また気になるところで終わってしまったので、来年まで待たなければいけないというのは、つらいなぁ。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1964年、米テキサス州サンアントニオ生まれ。テキサス大学で英語と歴史を専攻。『ビッグ・レッド・テキーラ』でシェイマス賞、アンソニー賞。『ホンキートンク・ガール』でアメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀ペーパーバック賞を受賞した実力派ミステリー作家。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズで初めてファンタジーを執筆。

リック・リオーダンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
小野不由美
伊坂 幸太郎
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする