もうひとつのワンダー

  • ほるぷ出版
4.25
  • (50)
  • (39)
  • (15)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 412
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593535224

作品紹介・あらすじ

いじめっ子のジュリアン、オーガストの幼なじみのクリストファー、優等生のシャーロットの3人の視点から語られる「もうひとつのワンダー・ストーリー」。この本の中ではオギーは脇役であり、オギーとの出会いによってそれぞれがどのように影響を受けて変化していったかを描いている。冒頭には、続編は書かないつもりでいた著者が『ワンダー』刊行後に米国で起こった「ジュリアンになるな」運動に違和感を持ち、本作を書くことにした経緯がつづられている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前作「ワンダー」のスピンオフ版。
    前作では、語ることがなかった、オギーを取り巻く3人の物語。
    それぞれの視点、一人称で書かれている。

    前作「ワンダー」では、いじめっ子として登場したジュリアン。
    読者達の間で、「冷静を保ち、ジュリアンになるな」というスローガンまで生まれてしまった。
    著者のパラシオさんは、これに違和感を抱き、ジュリアンの物語を書こうと思ったそうだ(ジュリアンの行動を正当化するわけではなく)。

    ジュリアンは根っからの「悪い子」ではなく、彼が要所要所で道を正すべき時に、適切な支援を両親が出来なかったということが分かってくる。

    また、前作ではほとんど出てこなかった、生まれた時からの幼なじみであるクリストファーの物語。
    いい子ぶりっ子と言われてしまう、シャーロットの物語。
    オギーとは少し距離があった中で、彼らなりに悩み事、辛い経験があった事が分かる。

    学校は、ただ勉強をするだけの場所じゃない。
    ある意味勉強というのは、学校が果たす役割の本の一部なのかもしれない。
    コロナ禍の今、その存在の大きさをより感じる。
    学校に行き辛い子ども達を否定するのではない。
    誰もがその子自身をありのままに受け入れてもらえ、成長できる場所として、必要とされる学びの場であってほしいと願う。
    2020.5.14

  • 大評判のワンダー。
    本編を一気に読み、期待を裏切らない良作ではあったものの、そこはオトナの余裕 (笑) で爆涙とはならなかったが。。

    スピンオフ編のこちらには、一番気になった子、オギーをいじめた首謀者のジュリアンについての物語があるというので早速読む。

    よかったですよ!
    いろいろなことが自分の中でつながってぐっと来た。

    いじめる側の心理、家庭環境が 掘り下げられているのだが、そこでは 米国ならではの 強欲ともいえるような権利意識が如実に、そして批判的に描き出されている。
    対比されているのが 第二次世界大戦中ナチスに痛めつけられたフランス。
    ジュリアンの幼さ愚かさを憂いたおばあちゃんは、あまりにも辛くて息子にすら話したことがない体験を、語って聞かせる。 こういう話はたくさんあったのだ。
    NYの子たちが必ず読まされる Number the Stars (邦題は”ふたりの星” https://booklog.jp/item/1/4061947206)という作品へのオマージュでもあると思った。
    自分がおそれるものに危害を加えないことも、また勇気ではなかろうか?

    2番目のクリストファーは オギーの母親 イザベルのママ友つながりの幼馴染。
    この子は最初発達障害だろうか?と思ったのだけれど、そうではない。
    もともと思いやり深い家庭に育った子で、自己を強く保ち 弱いものを助け続ける難しさも早くから意識している、そういう聡さを持ちながらも、父母の離婚という事態に 自分でもわからない意識下で苦しんでいる。
    親が、自分たちのことでいっぱいいっぱいになってしまって、子供へのケア(気持ちの面で)がおろそかになってしまう。 米国ファミリーでは もうこれが多すぎるくらい多い。
    自分自分自分!だから。

    しんがりはシャーロット
    ごく普通の家庭の 3人娘の3番目。
    ああ、5th とはいえ、優秀な女子というのはこんなにも成熟しているものでしょうか!
    女子同士のもめごと、その中で どう自分を律していくのかシャーロットは考え続けるのだけれど、レベル高いのよね。
    またこの章は アメリカのプライド、誇りが通奏低音のように描かれている。
    文化を生み出す力、市民を守る者への尊敬、どちらかというと独裁的でもある大きな権限をもつ学校運営者の知性とふところの深さ。
    人とつながっていくのは、挨拶をし、名前を呼ぶ、そのイーブンな関係構築の爽やかさ。
    さすがです。
    Let's shing-a-ling!
    God bless America

  • 『ワンダー』のスピンオフ。『ワンダー』は見た目に障害があるオーガストやオーガストの 周りの人たちが代わる代わるオーガストや自分ことを語っていく、オムニバス形式の物語。
    こちらは、オーガストを嫌っていじめていたジュリアン、母親同士が親友で小さい頃から友達のクリストファー、優等生のシャーロットが自分で語る物語。
    著者は冒頭で「冷静になれ、ジュリアンになるな」と、読者がインタネットにあげていたことが、この物語を書くきっかけだったと語る。祖母の秘密ご聞くことでジュリアンが過ちを認めていく話。
    どの話も思春期にさしかかった子どもたちの人間関係が分かる。こちらは万国共通。それから、アメリカの生活も。
    でも、一番感じるのは、著者の思い。色んな人を認める優しさや寛容さの重要性。反省したジュリアンに、寛容に。それぞれの行動にも表れている。クリストファーも変なバンド仲間と続ける。シャーロットも空気を読めない友人と、ずっと同じグループでやっていく。
    大人もなんだか最近は、寛容さが欠けてきている。職場でも、ちょっと変な人がいると、皆んなで批判したり。変わった人に厳しい。批判している人たちは皆んな、まともで良い人ばかりだ。だから余計に困る。

  • 前作に引き続きとても面白かった!あまり触れられていないジュリアン、クリストファー、シャーロットの裏話。ジュリアンの親が、絵に書いたようなモンスターで、面白かった。クリストファーにも友だちがいて、考えさせられた。シャーロットは、少し、自分と似ているところがあって、面白かった。ワンダーのシリーズは大人になるまでに読んだ方がいい1冊です。

  • ジュリアンのおばあちゃんの話は胸がつまった。本気で話をすると、子供にも絶対伝わる。
    大人は子供に幸せになってほしいと願うが、やり方を間違わず、しっかり子供を見つめることが大事なんだな〜。

  • 『ワンダー』を読んだ時はその前向きさに心が奮えました。親切には勇気を伴うことがある。でもその少しの勇気があれば相手も自分も前へと進むことができる。そのことが実に真っ直ぐに書かれていたのです。
    オギーは普通の男の子。顔以外は。そんなオギーとオギーを取り巻く人たちの語りで構成されていた『ワンダー』。そこでは語り手とならなかった三人が今作では語り手となります。オギーをいじめたジュリアン、幼なじみのクリストファー、クラスメイトのシャーロット。『ワンダー』ではあくまでオギーの物語として書かれていましたが、ここでは語り手本人の物語として書かれています。だからこそ書ける物語がありました。そしてこの三人もまた普通の少年少女だったのです。
    前作ではいじめっ子として登場しそのままフェードアウトしたジュリアン。彼には彼の物語があり、彼の考えがあったのです。しかしその行動や考えは決して良きものではなかったのです。それにとって反省を促されますが彼は納得ができなかったのです。自分こそが被害者であると思っていたのです。異質な存在が自分の世界に紛れ込んだが故に起こった事件に巻き込まれた被害者であるとしか考えられなかったのです。そのことに対して彼の祖母は自分の体験を語ることで諭すのです。そして彼は自分自身で反省することに行き着くのです。そうジュリアンもまた普通の子だった、ただその普通の子が過ちを犯してしまった。その過ちに気付くことは勇気が必要でした。その勇気によってジュリアンは前へと進むことができたのです。
    この描き方の巧さに胸が打たれました。これは児童書だからこそ書くことのできることなのかも知れません。問題に対して真っ直ぐ目をそらさず書くことのできるのが児童書の強みでもあるのでしょう。
    そしてもちろんクリストファーにもシャーロットにも自分の物語があります。そのことを示すことによって却ってオギーのことが浮き彫りになることもあり、前作に出てきた他の人々にも思いを馳せることができます。そして『ワンダー』の世界が読み手の中で広がっていくのでしょう。

  • 名著「ワンダー」のスピンオフ作品。
    昔、エレファントマンという映画がありました。あの子ども版というか、外見に「普通ではない」ものを抱えた男の子と、周囲が織りなす物語が、ワンダーでした。主人公オーガストの困難に対する姿勢が心に残っています。力強いとも違う、しなやかな強さ。
    今作は、3人の「普通の子」がオーガストとの出会いから、自分の人生をどう生きていくのかが描かれています。
    いじめっ子ジュアン、幼なじみのクリストファー、同級生のシャーロット。小学生ならではの幼さと純粋さとしたたかさ、ずるさを追体験できました。
    ジュリアンを溺愛し、傲慢に育てた両親、かつて自分を助けてくれた少年がナチスに連れ去られガス室に送られたと語る祖母。名前に込められた思い。
    前作を再読したくなりました。
    世界はワンダーに満ちている。

  • 2人はともかくジュリアンの事も
    暖かく見守る気持ちになれて
    ビックリ‼️みんなで頑張って
    生きて行こうね

  • ほかの二人はともかく、ジュリアンの視点で語られることに自分が共感できるようになるとは思わなかったのに。ものごとは一面だけ見ていたのではわからないということを、肝に銘じていきたい。

  • 本書はオギーが脇役に回ったワンダーのスピンオフだが、こんなに本編に匹敵する素晴らしいスピンオフはなかなか無いのでは無いかと思う。
    いじめっ子ジュリアン、引っ越した親友クリストファー、ベン図大好きシャーロットが主役の中編集だが、特に素晴らしいのはジュリアン。

    筆者が今作を書くことを決めたのはジュリアンに関するネット上の活動を受けてだということは、前書きを読んで分かるが、これほどまでに美しい着地を見せるとは。。
    ナチにまつわる絶対悪を絡めるストーリーは、実は良くある語り口だと斜に構えてしまうが、前途ある若いジュリアンが心からの反省に至る描写が感動。見事。それが、読者である自分自身(もうすぐ40代の大人)が持つ保身や自己欺瞞の心にビシビシ来る。

    本編のクライマックスはトゥシュマン先生によるオギーの持つ「勇気」への賛辞だが、このスピンオフはそれぞれ主役である三者がそれぞれの「勇気」を獲得、もしくは再獲得する話でもある点も素晴らしい。

    最高でした。

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

50ヶ国語に翻訳されたベストセラー小説『ワンダー』の作者。『ワンダー』は数々の賞を受賞し、児童文学賞の最高峰であるカーネギー賞の最終候補にも残った。2017年11月には米で映画が公開されている(日本公開は2018年6月)。

「2018年 『みんな、ワンダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

R・J・パラシオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

もうひとつのワンダーを本棚に登録しているひと

ツイートする
×