アバディのパン

著者 :
  • ほるぷ出版
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 35
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593560622

作品紹介・あらすじ

あさ、日がのぼり、パン焼きがまに火を入れて、前の日からねかせておいたパンだねを、ちぎってぽん、ちぎってぽん。型にはめ、かまに入れ、おいしいパンをやく。…そんな、自然とともに、豊かな時をすごしているアフリカの人々への、限りない共感にみちた絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵本で世界を学ぼう

    紹介された本。
    本書で99冊目だ。

    1990年に発行された絵本。

    ストーリーは良いと思う。

    文章は独特の世界観がある。

    残念なのは、私の感性にはこの絵がしっくり来ないこと。

    ヘタウマというのか?

    経歴は?

    武蔵美の油絵科を中退とある。
    残念ながら1995年、58歳になる年に亡くなられた。

    で本書はどこの国。

    ナイジェリアだそうだ。

    パンの文化があるんだ。

    確かに本書を読むとパンを食べたくなる?
    アフリカのパンってどんなパンなんだろう。

    またメルクに食パン

    追記 裏表紙にアバディどおろって書かれている。

    本文にはアバディどおりとある。

    通り は、とおり だけと
    どおろ なら どうろ と書いて道路だろう。

  • もう少し絵が見やすかったらいいのに…

  • 西アフリカの活気が伝わってくる絵本。

  • パン、たべたいなぁ。
    ふかふかしていて、香ばしいかおりがする。

  • ナイジェリアの生活がわかる。

全5件中 1 - 5件を表示

木葉井悦子の作品

ツイートする
×