ころころぽーん

著者 :
  • ほるぷ出版
3.47
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593560776

作品紹介・あらすじ

たったかたったか、ちいさなクマがはしってきて、ぴょーんとジャンプしたら、ころころころころころがって…。いろんな音でおはなしがすすむ、リズミカルでかわいい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オノマトペだけの絵本。娘大ウケ。ぼっこーん、の所はヨダレ垂らすくらい大爆笑。その笑顔が可愛いすぎて何回も読んでしまう(ノ∀`)最後はちゃんとりんごを齧りながらのっしのっし。可愛い絵本です☆(1歳9ヶ月)

  • さすがは新井洋行の作品。
    単純なお話の中にも、ユーモアがあり、色々とミドコロ満載でした!!

  • 8ヶ月では理解できず~!ちょっと早まりました。これはもっと大きくならないと楽しめない絵本でした。

  • 擬音の絵本。擬音絵本だと『もこもこもこ』なんかが鉄板だし、好きなんだけれど、自分が子ども達の前で読む時、難しいと感じてしまう。
    この『ころころぽーん』はストーリーのはっきりした擬音なので読み聞かせで使い易いかも。
    色がはっきりしていてきれい。

  • 逆目線の読み方に爆笑(^^)

  • 1分35秒。始めの木には、りんごが一つ。一つのりんごをねらってぴょ-んと飛び上がったのですが、うまくいかずお話はスピード感をどんどんあげていく。豊かな登場人物と展開のラストをかざるのは、お母さん黒クマでした。りんごがたわわに実るラストも嬉しい。
    黒くまが、絵本のなかでひきしまる色になっている。子どもの視力につかまりやすい。

全6件中 1 - 6件を表示

新井洋行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
やぎ たみこ
三浦 太郎
かがくい ひろし
にしまき かやこ
A.トルストイ
かがくい ひろし
トミー=アンゲラ...
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

ころころぽーんはこんな本です

ツイートする