オオカミのゆめ ぼくのゆめ (ほるぷ創作文庫)

著者 :
制作 : 佐々木 マキ 
  • ほるぷ出版
4.60
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593590025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「佐々木マキ」氏を検索中にまさかのトラウマが甦る…!
    まさか挿絵をされていたとは…!!

    つっかいまだに血を流すのが異常にイヤなのは、多分この「砂の少女」を読んで以来と思われる。
    これだけ鮮烈な印象。もう怖くて仕方なかった。
    子供にはまったくお勧めしない、すばらしい本。図書館で自分で勝手に遭遇してゲンナリすると良いと思う。
    読書ってそういうものだと思うので(嫌味でもなんでもなく、大真面目に)。

  • ヘンな話ばかりの短編集。なかなかファンタジックな設定に一瞬うっとりするのだけど、それは長くは続かない。生きていくのって大変。幸せは儚い。そんな気持ちになります。
    「生きる時間」が一番印象に残ります。食べるって生きることですよね。

  • トラウマ作家、三田村信行の作品。既に絶版のため、図書館で借りた。表題作の他4編を収録。
    どの話を読んでも救われなくて、流石三田村氏だと変な感心をする。一家心中の話なんて普通児童書に書かない。読後どんよりできることは確実。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1939年東京都に生まれる。早稲田大学文学部卒業。主な作品に「キャベたまたんてい」シリーズ、「きつねのクリーニングや」シリーズ(いずれも金の星社)「キツネのかぎや」シリーズ、「へんてこ宝さがし」シリーズ(いずれもあかね書房)、「風の陰陽師」シリーズ、「三国志」シリーズ(ポプラ社)などがある。

三田村信行の作品

オオカミのゆめ ぼくのゆめ (ほるぷ創作文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする