マージョリーノエルがやってきた (DAYAN’S COLLECTION BOOKS)

著者 :
  • ほるぷ出版
4.03
  • (13)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593592135

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一輪車のため息。

  • 戦いや悲しい話が続くダヤンの長編シリーズを読んでいる途中なので、絵本の平和な世界はホッとする。
    かわいいけどちょっと影を感じる絵や、いい子なだけじゃないダヤンに親しみを覚えます。
    不思議なサーカス、マージョリーノエルの公演、見てみたいなあ。

  • 再読
    サーカスは怖くて嫌いだけど、マージョリーノエルなら見に行きたい!

  • ダヤンズコレクションブックの4冊目。/わちふぃーるどのサーカス団‘マジョリーノエル’がタシルの街にやってくることになって、その一員であるジタンも半年振りに街に帰ってくる。サーカス団の出し物にみんな大喜びなのだけど・・・・・・。/ジタンのファンなので、彼が活躍する話は嬉しい(^^) でも、ダヤンは根性がなかったんだね(笑)

  • 2005年1月12日

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京吉祥寺生まれ。1983年、革小物専門店「わちふぃーるど」をオープン。猫のダヤンが人気のキャラクターとなる。この頃からダヤンを主人公に物語を描き始める。1988年『ダヤンのおいしいゆめ』で絵本作家デビュー。本作品の続刊となる『ダヤンとジタン』のほか、「コレクションブック」シリーズ、「ダヤンのスケッチ紀行」シリーズ、「ダヤン画集絵本」シリーズなど著書多数。山梨県南都留郡河口湖町には、ダヤンの常設美術館「河口湖木ノ花美術館」がある。

「2019年 『猫のダヤン ex ダヤン、クラヤミの国へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田あきこの作品

ツイートする