ダヤン、わちふぃーるどへ (Dayan in Wachifield)

著者 :
  • ほるぷ出版
3.89
  • (31)
  • (26)
  • (38)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 213
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593592234

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダヤンが好きなので初めて小説を読んでみました。
    楽しい物語でした。ダヤンの仲良しジタンのことをもう少し知りたくなりました。

  • 「ダヤン、きっとあんたは特別な猫よ」。風も雨も稲妻も、ダヤンが生まれる時を待っていた。…ダヤンの誕生、そして不思議の国わちふぃーるどへやってきたダヤンの、はじめての冒険を描く長編ファンタジー。

  • 初ダヤン。
    なんだか独特の世界観ですね。私はちょっと違和感がある。気持ちよく入り込めない。
    なんだろう、どこに違和感感じてるのかな。
    なんとなく思わせぶりなところとかかな。すこし癖がある。

  • わちふぃーるどで繰り広げられる、ダヤンと愉快な仲間達の正統派ファンタジー。第一弾の本作は地元の図書館ではヤングアダルトコーナーに配置。2作目からはなぜか児童書コーナーに。児童書扱いだけあって、字も大きく文章量も私にはちょうどよく読みやすい。正統派だけど、ファンタジーの発想は無限大で、やっぱりおもしろい。

  • 可愛い!!!こんな本だって知らなかった!!
    グッズとかも売ってるし、なんかムーミンみたいな?外国の絵本かなんかのキャラかと思いきや、可愛い本でした!!!長編ファンタジーだったし!!
    イラナイ、シラナイっていう妖精がでてきたり、時を食べる悪、ヒマナシっていうのが出てきて、ヒマツブシっていう実に弱い!とか!!!

    言葉遊びも散りばめられていて、大人でもクスッとなる一冊でした。

    アリスに続き、子供に読んであげたい一冊です^_^

  • 池田 あきこ:作/絵 ほるぷ出版

    風の妙に強い晩でした。

    ”特別な猫”ダヤンは、ある日不思議な国「わちふぃーるど」へ足を踏み入れます。

    キャラクターグッツでもかなりお馴染みの「ネコのダヤン」とその仲間たちの最初の一部分の物語。
    内容は…一話完結になっているので、短編といってもいいかもしれません。多分。

     親友の(耳長族)マーシィーや、ワニのイワン、月のおばさん。
    時間を食べちゃうヒマナシ…
     それにダヤンの尊敬(?信頼?)するジダンのこと・・・。
    と、わちふぃーるどを知るための基礎知識その一といったところでしょう。か?

    特に「ネズミのウィリーの話」は友達を食べちゃいけない!!
    と、葛藤するダヤンが可哀想だけど、面白いです。

    私が、ダヤンと会ったのはおもちゃ屋さんのパズルコーナー。
    出来上がりの絵が、わちふぃーるどの全体図。それがとても魅力的で…
    この世界にどうしても行きたい!と子供心に強く強く思い、いまでもその思いが残っています。
     その後、絵本やHow to本、画集等で、わちふぃーるどを知る事になるのですが…。

    最初にこれを読んでいればよかったです。

    池田あきこの柔らかい絵のタッチ(とくに毛並みなんか最高です)が、良いです。

    これも続きが読みたくなります。

  • グッズで知っていたけれど、お話は初めて読んだわちふぃーるどシリーズ。
    猫のダヤンと友人たち、これから物語が広がっていきそうで楽しみです。

  • 再読
    ジタンがイケメンでイケメンでイケメンでやばい

  • ダヤンがどうやって生まれて、どのようにわちふぃーるどに来たのか。

    わちふぃーるど住人の紹介をダヤンとのエピソードに絡めて行なってる章、その中でもイワンの話が特にお気に入り。
    ラストの薪割りシーンの挿絵が可愛くて、ダヤンがイワンに向けて発した言葉が微笑ましくて、胸が温かくなる。

    やっぱりダヤンとわちふぃーるど物語好きだわぁ…と再確認させてくれた本でした。

  • イラストしか知らなかったダヤン・シリーズ改めて読んでみました。愛くるしいww月に乗って夜空を旅するところがすごく好きです。普通の子猫から異世界わちふぃーるどの住人になり、ゆったりとスローライフ。キャラクターはもちろん、世界観が素敵です。ふあふあの綿毛虫(笑)抱っこしたくなるなあ。近所のダヤングッズ専門店にさあ急げww

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京吉祥寺生まれ。1983年、革小物専門店「わちふぃーるど」をオープン。猫のダヤンが人気のキャラクターとなる。この頃からダヤンを主人公に物語を描き始める。1988年『ダヤンのおいしいゆめ』で絵本作家デビュー。本作品の続刊となる『ダヤンとジタン』のほか、「コレクションブック」シリーズ、「ダヤンのスケッチ紀行」シリーズ、「ダヤン画集絵本」シリーズなど著書多数。山梨県南都留郡河口湖町には、ダヤンの常設美術館「河口湖木ノ花美術館」がある。

「2019年 『猫のダヤン ex ダヤン、クラヤミの国へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダヤン、わちふぃーるどへ (Dayan in Wachifield)のその他の作品

池田あきこの作品

ツイートする