つばさをもらった月 (世界みんわ絵本)

著者 :
制作 : 南塚 直子 
  • ほるぷ出版
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784593593224

作品紹介・あらすじ

子どものいないおじいさんとおばあさんの前に、1わのカモがあらわれた。そのカモは、きんいろのくちばしに、ぎんいろのあしをした、かわいいカモだった。ふたりは、じぶんたちの子どもにしようとかわいがった。カモは、うつくしいむすめに変身して、料理やへやのかたづけをしてくれたのだが…。心やさしい月とそれにこたえて努力する老夫婦のすがたを語る、ブルガリア民話。5歳から。

著者プロフィール

八百板洋子 福島県生まれ。ソフィア大学大学院に留学。訳詩集『ふたつの情念』(新読書社)、『吸血鬼の花よめーブルガリアの昔話』(福音館書店)でそれぞれ日本翻訳文化賞を受賞。『ソフィアの白いばら』(福音館書店)で産経児童出版文化賞・日本エッセイストクラブ賞を受賞。その他の訳書に『いちばんたいせつなものーバルカンの昔話』(福音館書店)など。日本民話の回で民話の採録、研究に携わる。日本の昔話では、『おはなし12か月(全15巻)』(共著・国土社)などがある。

「2017年 『猫魔ヶ岳の妖怪 福島の伝説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八百板洋子の作品

つばさをもらった月 (世界みんわ絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする