少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ1 (メテオCOMICS)

著者 :
  • ほるぷ出版
3.80
  • (8)
  • (20)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593857272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妖精たちの島で、国づくりに挑戦する女子中学生たち。
    ゆるく、話し合いながらもプレジデンテの島津ななこが中心となり国を作り上げようと頑張っており面白い。
    妖精たちの宿敵、アヴァロンとの戦いもあって今後の展開がどうなっていくのか楽しみ。

  • 妖精たちが独立国家を作ったけど運営できないから人間さらってきて独裁(?)してもらおう!というお話。
    公民の教科書片手にインフラ整備から始めるよ!

    あと時々妖精パワーで変身して侵略者と戦うよ!

    好きです。

  • いかにも萌えを狙った絵に若干抵抗を感じたが、裏表紙の紹介に惹かれて購入。
    マンガのアイデアは面白いと思う。まだ最初なので、これからその設定を生かした作品になって行くことを期待。

    とりあえず、一回読んだだけでは、女の子たちが覚えられないw

  • 別段ストーリーに起伏があるわけでも、萌え描写が強いわけでもない。むしろちょっと成長した子供に読ませて政治を勉強させるのにちょうどいい感じ。

  • おっぱいなしかとかなりがっかりしながら読んでたら
    最後で乳首表現あったので凄く嬉しい

  • 少女が作る国家の話。

    着眼点はいい。国家論や行政学へ導きになっていけば面白そう。なぜか魔法少女に変身しますが。

  • 独裁政府運営記。

  • さぁ,今回はしっかり最後まで終わらせられるか!?そして,変身は外さない高慎であった。それでこそだ!

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

漫画家・イラストレーター。代表作に「神さまのつくりかた。」「放課後アサルト×ガールズ」など。

少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ1 (メテオCOMICS)のその他の作品

高田慎一郎の作品

ツイートする