ロビン―風の都の師弟―3 (フレックスコミックス フレア)

著者 :
  • ほるぷ出版
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593880737

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  出版されていたのに気付かず読むのが遅くなってしまいました。
     ロビンの3巻がようやく出た……と思ったら完結。「アルフヘイムの騎士」の正統続編で好きな作品だっただけに残念。
     まあ、シェンの幸せな姿を見られただけで良しとします……。
     でも、あと2巻分くらいは読みたかったな。

  • 三剣物語からの派生物語。
    まさか初代アーサー・ロビンにこんな物語が……という設定。
    完結です。あっさり完結したな、とは思う。

    まぁ、ロビンその人に興味が強いかといわれると、どちらかといえばローラント王とシェンドラ王妃の関係のほうが興味深いのですが(笑)
    シェンドラちゃん、相変わらず素直でない子だ。
    しかし、白魔法使いの長への道のりは遠そうだけど、ファラントはがんばって教育することでしょう。この人なにげにかわいそう(笑)な人だから。

    新アルトディアスのこの後の後継者問題はどうなるんだろうなぁと、アルディア姫までの流れが気になる処です。

  • チビ長、ロビンに会えてねぇし(笑)って読み終わりでつっこみ入れちゃいましたが。シェンドラがずっと過去の罪に苦しんでて、ローラントがそれを解ってて、根気強く守ってるエピソードが読めたのが、良かったですわ。またどこかでこの世界の物語が読めたら嬉しいですね。

  • え?これで終わりなの?ちょっと駆け足過ぎませんか?ローゼリィが冥府に行った時とかは長すぎってぐい長かったのに。個人的にシェンドラ姫が作中人物の中で一番好きなので(等身大で可愛い)彼女が最後救われた感があってよかったですがもう少しそこのところ詳しく!と言いたい…。ローラント国王はパパになってもカッコイイですね。

  • よく終わったな、と思う。某殿下についてのくだりが省略されすぎだけど、容量的には仕方ない。

全6件中 1 - 6件を表示

中山星香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロビン―風の都の師弟―3 (フレックスコミックス フレア)はこんなマンガです

ツイートする