闇の奥へ〈下〉 (扶桑社ミステリー)

制作 : 田村 源二 
  • 扶桑社
3.75
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (510ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594004552

作品紹介・あらすじ

オーブリー逮捕劇の真相とは?ウィーンのKGB駐在官を拉致したハイドは、その男から驚くべき人物の名前を聞き出した。ペトルーニン。オーブリーのために大失態を演じ、アフガニスタンに左遷されたKGBの大佐だ。今回の作戦はペトルーニンが考案した謀略だというのだ。KGB上層部は彼をアフガニスタンへ追いやりながらも、その計画だけは取り上げ、いまそれを実行に移したのだ。だが、計画の全貌は発案者のペトルーニン本人から聞き出さなければならない。ハイドは宿敵を求めて単身、戦乱のアフガニスタンへ飛んだ。繊細な野獣に変身した工作員ハイドが、駆け、吠え、襲い、逃げ、殺し、恐怖に身を震わせ、苦痛に身をよじり、ウィーン、アフガニスタン、チェコスロヴァキアと、地獄のなかを疾走する。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冒険小説全盛期の1985年発表作で、クレイグ・トーマス渾身の長編。原題は「The Bear's Tears」だが、日本版タイトルは作品中にも登場するコンラッド「闇の奧」に倣い付けられている。
    KGBの謀略によって二重スパイ〈もぐら〉に仕立て上げられたSIS長官オーブリー。その救出に腹心の部下である工作員ハイドや元CIAの親友が乗り出すというメインプロットはいたってシンプルなもので、中盤まで明かされない英国情報部高官として暗躍する二重スパイの名も決して驚くべきものではない。本作の読みどころは、真相を知っているが故に敵味方の両組織に命を狙われる身となったハイドが、策略の証拠を手に入れるために、様々な極限的状況下で繰り広げる冒険行にある。特に作戦発案者であるKGB大佐を追ってアフガニスタンに潜入したハイドを待ち受ける地獄絵図は一番の山場であろう。闇の奧から忽然と現れ、人間を焼く尽くす炎。無常なる闘いの只中で〝野獣〟と化したハイドが吼え、走り抜ける。

  • バンバン撃ち合いも無く、大筋は地味な展開だけど、最後まで一機に読んでしまう面白さ‼
    次作は有るのかな、また、図書館巡りだな。

  • 息抜きできる場面が全く無い、最後までノンストップのサスペンス。冒険小説ファンなら必読です。

  • 冒険小説ファン必読の書。
    大傑作です。

全4件中 1 - 4件を表示

クレイグ・トーマスの作品

闇の奥へ〈下〉 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする