邪教集団トワイライトの追撃 (下) (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594004781

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (上巻の感想からの続き)
    本書のポイントとなっているのがこの「黄昏教団」という集団が通常のクーンツ作品に登場する常軌を逸した狂乱の集団に配されているのが最後に裏返りそうになるところ。
    つまり正しいのは主人公達なのか「黄昏集団」だったのか、一体どっちなの!?ってところだ。だから上巻の感想で書いた「邪教集団」ってのも実は誤りかもしれなく、しかも最後までそれを明かさなかったところが演出として心憎いのだ。
    それがまた何故「黄昏教団」が再三再四に渡って行方を完全にくらましていたかに思えた主人公達を正確無比に追撃できたのかが終盤になって明かされるにおいて実はジョーイが・・・なんていう疑惑が沸々と巻き起こる辺り、演出効果は抜群である。
    そして物語はクーンツ特有のハッピー・エンドの情景を呈して終幕となるのだが、果たしてそれは本当にハッピー・エンドなのかという疑問が残るのも従来から逸脱してて○。
    結構無視できない作品だぞ、これは。クーンツ、やるなぁ!!

  • 上巻よりは少々スピードダウン。
    結末は大いに満足。

    でも、やっぱりクーンツよりはキングかなぁ。

  • とんだ迷惑も一段落。

  • 狂信者供が、何故か主人公達のいく先々に現れるのに、どんなオチをつけるのか楽しみにしていたのだけど、ちょっと拍子抜け。
    ラストも含みをもたせた感じで、すっきりしなかった。

  • (上)に書いてます。

全5件中 1 - 5件を表示

ディーン・R・クーンツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・キ...
ディーン・クーン...
ディーン・クーン...
ディーン・R. ...
ディーン クーン...
ディーン・R・ク...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×