9本指の死体 (扶桑社ミステリー)

制作 : 秦 新二 
  • 扶桑社
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (628ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594005399

作品紹介・あらすじ

ニューヨークのアップタウンとダウンタウンで続けざまに2人の尼僧が殺害された。被害者はどちらもレイプされたうえ、左手の薬指を切断されるという残忍な手口。ただちに設置された捜査本部の長に若くて有能な女性警部補ディナ・ドネートが就く。続いて7人の部下が選出されるが、なかの一人にベテラン巡査部長マイク・どネートが入っていた。マイクはディナの父親だが、息子でディナの兄リッチがからんだ"ある事件"の責任を問われ左遷されていた。それ以後娘のディナとの間には深い溝ができていた。尼僧を狙う殺人鬼の魔手は第3、第4の事件を引き起こす。父と娘はぎくしゃくしながらもこの猟奇事件の捜査を開始した。『芸術的な死体』のジャック・アーリーが放つニューヨーク父娘刑事物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ニューヨーク市内で修道女の連続レイプ殺人事件が起こる。捜査本部長には女性警部補のディナ、その部下には仲たがいし左遷されていた彼女の父親が選出された。果たして犯人はどのように捕まるのか。

    父娘がなんで仲たがいしているのかの理由を少しずつしか明かさないところとか、親子の物語としては中々おもしろい。でも推理小説としては物足りない。犯人が最初からわかってるのは許せるとしても、途中から冷静さを失って行って自滅するだけだし。

  • お父さんより偉くなちゃった娘刑事が、父親を部下にして猟奇事件の捜査にあたる。

全2件中 1 - 2件を表示

ジャック・アーリーの作品

9本指の死体 (扶桑社ミステリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする