呪われた少女 (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 51
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594005696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クーンツは巷間ではモダン・ホラー界のヒット・メーカーで通っているが、私に云わせれば、モダン・ホラー界のジョン・ディクスン・カーだという方が最も的を射ていると思う。それほど当り外れの激しい作家なのだ。
    今回はその例に準えれば外れになろう。本作で扱っているテーマはリーインカーネーション、つまり訳せば「輪廻転生」。冒頭の少女の苦悶のシーンがその後のテーマに繋がっていくのだが、どちらかと云えば展開は凡庸でクーンツならではという特徴がない。
    キャロルの私生児が実は、という設定も凡百の小説に見られる「意外ではない意外性」の域を脱せず、あざといテクニックを露呈するだけに。作者自身も書いてて面白くなくなったのだろうか、『邪教集団~』、『雷鳴の館』でこれでもかとばかり見せ付けた主人公を完膚なきまでに追い詰めていく展開が意外にあっさりと片付けられ、しかも唐突に迎えるあのエンディング。それ以降を書いて唯一無二の結末を提示するよりもその後あの4人がどうなったのかを読者の想像に委ねる手法を敢えてとったのかは定かではないが、正直消化不足ではないだろうか。
    邦題もよくよく考えれば的外れでもあり、う~ん、色々含めて凡作だなぁ。

  • 好みの問題だト思うけど、ワタシは好きな感触の話じゃないッス。<br>
    ってか、読んでちょっと時間が経ったらストーリーの内容をすっぽり忘れてしまいました…。

  • 99mmdd以前読了

全3件中 1 - 3件を表示

ディーン・R・クーンツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ディーン・R. ...
スティーヴン キ...
ディーン・R・ク...
ディーン・クーン...
ディーン・R. ...
スティーヴン キ...
ディーン・R・ク...
スティーヴン・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×