マレー獏は悪夢を見ない―夢をコントロールする民族・セノイへの旅

著者 :
  • 扶桑社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594014766

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 息子が明晰夢に興味を持ったので、本棚にあった本を思い出して読んでみた。

    いや〜面白いです。
    夢見の民族セノイに会いにマレーシアにいったノンフィクション。

    民族に共通の夢の意味と
    個人に対しての夢の意味がある。
    ある人にとっては、ラッキーなサインが、他の人にはアンラッキーになる。
    注意深く観察せよ。
    というのが、すごく残った。。。

    うーむ、夢見、できるようになりたい!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1961 年東京生まれ。ノンフィクション作家。中央大学大学院哲学科修了。『説得』で第11 回講談社ノンフィクション賞受賞。『人格障害をめぐる冒険』(草思社)、『麻原彰晃を信じる人びと』(洋泉社)、『萌えの研究』(講談社)、『夢を操る―マレー・セノイ族に会いに行く』(講談社文庫)、『ではまた、あの世で 回想の水木しげる』(洋泉社)ほか多数。編著に『本日の水木サン』(草思社)などがある。

「2017年 『オタクとは何か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大泉実成の作品

マレー獏は悪夢を見ない―夢をコントロールする民族・セノイへの旅を本棚に登録しているひと

ツイートする