5分間ミステリー (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
2.89
  • (1)
  • (11)
  • (48)
  • (9)
  • (6)
本棚登録 : 277
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594015862

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 37問のクイズつ一つが物語形式になっていておもしろいのだが、の文章が少し読みづらいのが気になった。

    問題自体は、ちょっとした専門知識が必要なものや文章中の矛盾を探すもの、理詰めで解くものなど様々だったが、正直全体的に難しかった。
    ちょっとした時間に楽しめるという意味合いでつけられたタイトルだとは思うが、正直5分じゃ解けません!

    個人的には、普通にクイズを解くこととミステリー小説を読むことは別々に楽しむほうがいいかな。

  • 雑学、常識、数字のトリックを駆使してやっと解ける問題。

  • 読書録「5分間ミステリー」3

    著者 ケン・ウェバー
    訳 片岡しのぶ他
    出版 扶桑社

    p17より引用
    “「まず第一に、ぼくは交通事故関係の仕事は
    お断りしてるんです。ややこしいし、時間の
    無駄だし、おまけに嘘のつきあいですから。”

    目次より抜粋引用
    “カモの雛のお通り事件
     神話マニアの最期
     放火男のへま
     ロッカーの割り当て
     スペインへの手紙”

     カナダ・トロント大学の教授である著者によ
    る、クイズ形式のショート・ショートミステリ
    ー集。
     交通事故からテロ事件まで、いろんな状況に
    おける謎が楽しめます。

     上記の引用は、追突事故で訴えられた話での
    調査依頼をされた探偵の一言。
    一昔前ならこういうことばかり多かったのでし
    ょう、しかし最近は、ドライブレコーダーが
    流行っていて、嘘がつきにくくなっています。
    事故が起きないのが最善ですが、起きた時のた
    めに、ドライブレコーダーは有効な道具かも
    しれません。
     一つ一つが短く、隙を見て読んでも面白い
    一冊なのではないでしょうか。
    ただ謎解きの答えに、著者の国の事情や環境が
    関わってくることもあって、正解するのが難し
    い物もあるでしょう。

    ーーーーー

  • ちょっと時間があいたら、いつでも楽しめるショートミステリーである。欧米の文化・歴史・気候の知識が必要な作品もある。私は2問しか解けなかった。いい時間を過ごせた。

  • 2014.2.28処分

    37問の推理クイズ。
    翻訳もの独特の文章で少し読みづらかった。
    問題も、専門的な知識や欧米ならではの知識がないと解けないようなものがあるので、本格推理みたいに理詰めで考えるのが好きな人にはつまらないかも。
    中にはパズルのように考えるものや、文章中の矛盾を見つけるような問題もあるけれど、個人的にはあまり楽しめず8問で挫折…。

  • アメリカ的常識等ちょっとえーとなるところもありましたがそれを含めても、というかそれもまた面白いと思いました。

  • アメリカの一般常識の勉強にもなりました。
    何より5分間なのでさくさく読めていいのと、矛盾を見つけ出すものについては誰でも楽しめるので良かったです。

  • 簡単に読めるミステリー。本格推理をしたい人は別の本を当たるべき。

    ギリシャ神話マニアがヴィーナスという単語を使わない可能性などを考えても始まらない。受け入れるしかないのだ。
    荒唐無稽な問題から、パズル的な問題もあり、おもちゃ箱に詰まった良く分からないものを漁るような作品。

  • 高校のときよく読んでた。

  • 私の知識では5分どころか5時間でも無理そうな問題も多々。
    常識的知識だけでは解けないものもあり難易度は所々高いかと^q^

全23件中 1 - 10件を表示

5分間ミステリー (扶桑社ミステリー)のその他の作品

ケン・ウェバーの作品

5分間ミステリー (扶桑社ミステリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする