銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ)

制作 : 原作 :宮沢 賢治 
  • 扶桑社
4.10
  • (47)
  • (27)
  • (34)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 277
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594016982

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アタゴオル物語で有名なますむらひろしさん。
    この人の描く世界がとても好き。
    宮沢賢治の詩や表現の世界のように
    不思議な、でも懐かしいような香りがします。

    アニメーション映画にもなった銀河鉄道の夜。
    映像やキャラクターも美しく
    何より挿入されている音楽が印象的で
    子供の頃圧倒された記憶があります。

    今も、DVDを持っているので時折
    子供達と見ては楽しんでいます。

  • 宮沢賢治に興味ないであろう知り合いの男の子に貸してた漫画が帰ってきた。さっそく再読。
    幼い頃一番のお気に入りだったアタゴオルの作者、ますむらひろしによる漫画化だけあって、とても美しい。
    私としては、最終稿よりもブルカニロ博士編が好きだ。夜空の野原で星座を描く三角標、燃え続ける蠍の火、光をまとう十字架、そして天の川にぽっかり空いた孔・・・・・・。
    現実にはないものたちの描写に胸を打たれる。

  • 図書館本。原作が好きな人は読んで損しないと思う。すごい忠実に漫画化されてるし、漫画としても面白い。漫画家の賢治愛炸裂のあとがきも良い。

  • 最終形と初期形の2編収録。後書きにあるように初期形が後に作られている。作者自身も思うところがあったらしく漫画の完成度は初期形の方が高いように思われる。

  • 銀河鉄道の夜は何度も読んでいるけど、関連のイベントを企画することになったので復習に。
    アニメーション映画のほうも観てみたい。

  • 最初は猫に違和感があるが何度も読んでいると気にならなくなる。全体的に硬質な印象がある絵(ざっくり…)。ブルカニロ博士篇と、文庫版あとがきが好き。「『銀河鉄道の夜』という作品のまわりには、あまりに化学的銀河がうろついて、目も醒めるような銀河写真がくっついてくる。そして『銀河鉄道の夜』=銀河写真という安易な映像パターンのなかで、《三角標》の燐光の画像は忘れられてしまう。」実地的な調査と想像力のバランスがすごいと思う。(2013.10.25)/尊敬する先生からいただいたもの。この人の作品を通じて、初期形を読めるのが、すごく幸せな気がする。(2006.11.5)

  • 高校生だったころ、大好きだった!
    ますむらひとしさんイラストのネコの映画「銀河鉄道の夜」
    この後、宮沢賢治の本を読みあさったなあ・・・懐かしい。

    この本は 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」のマンガ版、しかも最終形と初期形(ブルカロニ博士編)の二本立て。

  • あまりにも原作に忠実すぎて猫がかわいらしすぎて、そのギャップが狂気の部分に拍車をかけてる感じの本。全身全霊をかけて書いたんだろうなぁ。おかげで色んなものが滲み出過ぎている。

  • 初期系と最終系のツーパターン、原作に忠実です。原作は最終系しかまだ読めてないですが、初期系の画面の方がなんとなくグッときました。

  •  映画のもとになってる漫画だと思っていたので、読んでみたらけっこういろいろなものが変わっていて意外でした。
     とくにジョバンニとカンパネルラの顔、話の展開、途中でやってくる三人組、などなど……。映画との違いから制作者の意図を想像して楽しんでみたりしました。
     「銀河鉄道の夜」と「ブルカニロ博士編」を合わせて作ったのが、映画「銀河鉄道の夜」なんだろうか。
     漫画としても充分読み応えがあって、面白かったです。

全35件中 1 - 10件を表示

銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ)のその他の作品

ますむらひろしの作品

銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ)に関連するまとめ

銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする