ホワイトチャペルの恐怖〈上〉シャーロック・ホームズ最大の事件 (扶桑社ミステリー)

制作 : Edward B. Hanna  日暮 雅通 
  • 扶桑社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594019273

作品紹介・あらすじ

ロンドンの高級ホテルの金庫で発見された、分厚い原稿の束。それに付けられていたメモには「ジョン・H・ワトスン博士」の名と、「私の死後50年が経つまでこれを公表してはならない」という但し書きがあった。その原稿こそは、シャーロック・ホームズの親友ワトスン博士が、唯一公表をためらった驚くべき事件の記録だったのだ-19世紀末のロンドンを舞台に、今もなおその正体が謎に包まれている伝説の猟奇殺人者「切り裂きジャック」を、名探偵ホームズとワトスンが追う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホワイトチャペルので起きた女性の殺害事件。ホームズの元に相談にやって来たアーバンライン警部。捜査を開始するホームズだが連続する「切り裂きジャック」事件。警視総監チャールズ・ウォーレンのホームズにたいする侮辱。『バスカヴィル家の犬』事件のためにロンドンを離れるワトスン。ホームズの単独捜査。被害者の所持品に注目するホームズ。

  • 切り裂きジャックとホームズの話
    編注が多すぎて読みにくいが
    内容は興味深い。

全2件中 1 - 2件を表示

エドワード・B.ハナの作品

ツイートする