「超」日本史 (扶桑社文庫)

著者 :
  • 扶桑社
3.06
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594020590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まあまあかな

  • うーん。あんまり、面白くなかったです。

    しゃべったりすると、また、違ったおもしろさがあるのかもしれませんが、少なくとも、文字で読むたぐいの本ではないな。

    古本や行きです。

  • ・12/10 確かに読むと簡単だ.でももう少し詳しくてもいいのに.さらに、近代までがあまりにも端折り過ぎてて面白くないなぁ.
    ・12/12 読了.これはこれで意味のある本かもしれないな.これの世界史版が欲しい.できれば各国版で.

  • 日本の歴史2000年が3時間で読める本という事になっているが、決して3時間で日本史が解るわけではなし。ただしオモシロイ事は間違いない。日本の歴史そのものをパロディーにしてしまった感じだ。96年発行という事で、弾け出されてくるギャグが懐かしすぎる。

  • 東京オリンピックのくだり、「突貫工事」っぷりのテンポが良い!
    青銅本ですので、歴史本としてはいろいろすっとばしてます。

  • 先輩からいただいた本。

  • 日本史の流れが知りたい人にはグー。
    私も流れをおさらいしたくて買ったんだけど・・・。
    近代史が多すぎる!!!
    私が知りたかったのは、古代と中世。
    江戸時代までが知りたかったので、ちょっと物足りない感じ。
    しかし、アレだね。
    私達が生きてる時代なんて、日本の歴史のほんの一端に過ぎないんだよねー。
    そういうことを実感しました。

  • まじめな日本史を期待するとこけるかも。

    内容は、かなりギャグっています。
    そこを割り切れれば、面白おかしく日本史の復習ができます。(^^;

  • 本屋で棚面にあった。藤井青銅の名前で立ち読みしたら面白かった。これで日本史がわかるようになるとは言わないが、面白い。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

山口県出身。第一回「星新一ショートショートコンテスト」入選を機に作家となり、その後、脚本家・放送作家としての活動に入る。歴史関係の著書も多く、本書の旧版である『歴史Web』(日本文芸社)や、『「超』日本史』(扶桑社)、『笑ふ戦国史』(芸文社)、『1時間でパッとわかる なるほど現代世界史』(静山社)、『日本人はなぜ破局への道をたどるのか?』(ワニブックス)などがある。小説では、『ラジオな日々』(小学館)、『笑う20世紀』(実業之日本社)など。近著は『あなたに似た街』(小学館)。

「2016年 『【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井青銅の作品

ツイートする
×