できるかな (SPA! COMICS)

著者 : 西原理恵子
  • 扶桑社 (1998年1月1日発売)
3.51
  • (32)
  • (40)
  • (120)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :377
  • レビュー :30
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594023928

作品紹介・あらすじ

原発ルポからタイ生活まで、サイバラ激動の記録。

できるかな (SPA! COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 付録に、千年つかえるカレンダー(りえぞう・みっひー・きっちーちゃんのイラスト)が付いています。(紙製)作ってないですが・・・かわいい。

  • どんなに悲しくても、どんなに苦しくても、読み始めて数秒後にはゲラゲラ笑っている自分がいます。
    そしてこの本を読むとタイへに行きたくなるのです。

  • 再読。
    もんじゅの事故を受けてガイガー探知機を作るお話とか、何気にためになるな~と思ってしまった。
    やっぱりこのころは若いですね、はい。
    読み返してもやはりたのしいです。

  • ちゃんと足を使って描いたものは面白いなあ

  • サイバラさん何するんですかぁ!!
    ・・・から始まるドタバタ。
    手作りガイガーカウンター(放射能測定器)片手に、当時問題となった、原子力発電所(もんじゅ)まで遊びに行くサイバラ氏(w

    タップ三銃士などゲストも濃い(ぇ
    読みごたえ(おなかいっぱい)の一冊。

  • この時代は被曝や放射性物質といえばトウホクではなくモンジュだったんだよなーとか若者=細眉の時代だったんだよねーとか思いながら懐かしい気持ちで読んだ。
    新島編に出てくる板谷宏一さんは「ぼくんち」のこういちくんのモデルだろうか?
    おばちゃんとばーちゃんとホモにモテモテで、治安がいいとはいえない国に長期滞在してるくせに間抜けで騙されやすくて情けない鴨志田さんには笑わせてもらった。それにひきかえ西原さんのたくましくて面倒見の良いことったらないな。理想的とはいえないかもしれないけどお似合い夫婦。
    つーかこの頃の新潮社の編集長って男性だったのか。

  • この人のマンガはマンガである以上にエッセイとして面白い。波乱の人生を送っているところが凡人の自分には惹かれる。

  • 久々に再読。

  • 著者の行動力。お下品。

  • 全1巻 完結

全30件中 1 - 10件を表示

できるかな (SPA! COMICS)のその他の作品

できるかな (角川文庫) Kindle版 できるかな (角川文庫) 西原理恵子
できるかな (角川文庫) 文庫 できるかな (角川文庫) 西原理恵子

西原理恵子の作品

ツイートする