奇妙な道―ストレンジ・ハイウェイズ〈1〉 (扶桑社ミステリー)

制作 : Dean Koontz  田中 一江 
  • 扶桑社
3.39
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594027025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  【奇妙な道】と【ハロウィーンの訪問者】の2篇が収められていました。
    両作とも、宗教色の強い話だったのですが、飽きることはなく最後まで読めました。シーンの一つ一つもイメージが鮮やかに浮かび上がり、映画を観ている感覚でした。

     【奇妙な道】の方は、この内容にしては爽やかなラストで読後は気分スッキリでしたが、【ハロウィーンの訪問者】の方は、予想に反した展開で、読みながら襟を正したくなるし、スッキリもしない。彼のその後を想像すると、可哀想だけど恐ろしいです。

  • クーンツといや長編の感があるがその短編集""Strange Highway""の三分冊のその1である。

    短編集といっても限りなく長編に近い「奇妙な道」と小編「ハロウィーンの訪問者」の2話なんで
    ちょっと拍子抜けだが。

    「奇妙な道」は、よく言われるクーンツの生い立ち、
    酔っ払いの父、にもかかわらずクーンツを愛情いっぱいに育てた母の色が
    強く出た作品で、うまくまとまっているがイマイチインパクトは少ない。

  • これ収録されてる2編とも大好きなんですわ!ベタなんだけどクーンツらしさが満載の表題作、オチも含めて最高。大好き。セレステ可愛い。

全3件中 1 - 3件を表示

ディーン・クーンツの作品

ツイートする