愚者たちの街―刑事エイブ・リーバーマン (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594027148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私、大好きなんですよん、リーバーマン!60歳過ぎて、体もガタガタ。事件捜査は前途多難。ユダヤ教のコミュニティーのお手伝い、娘は離婚の危機で孫の面倒をみたり・・・。精力的に生きている60代!
    でも、熱血漢で正義感強く、市民からも辛抱の熱い刑事です。彼のセリフにはなんか奥が深くて、人生の教訓を聞いているような感じなんです。(笑)
    また50歳の相棒でアイルランド系のハンラハン刑事もいい味をだしていますねぇ。
    事件とかに派手さはないけれど、おもしろく読める作品です。
    本書はシリーズでは1作目なのですが、3作目にあたる「冬の裁き」が日本では最初に出版されました。だんだん味が濃くなっていくので、本書から読み始めることをオススメします。

全1件中 1 - 1件を表示

スチュアート・カミンスキーの作品

ツイートする
×