リゾートタウンの殺人 (扶桑社ミステリー)

制作 : Sandra Scoppettone  安藤 由紀子 
  • 扶桑社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594027353

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 98年 リゾートタウンのい殺人 Gonna Take a Homicidal Journey

  • 小さなリゾートタウンで起こる殺人事件。
    街はすべての住民がお互いを見知っているような閉塞感に包まれている。
    基本的に主人公の主人公の一人称で話が進んでいくが、途中挿入される三人称の「密接な街の住人」の独り言が閉塞感を煽っていて怖い。
    事件の進行と犯人はよくあるもので、読後感が余りよくない。強いて言えばその場面の詳細な描写がないことが救いか。
    シリーズを通して読むと、主人公とその彼女の苦悩ももっと読めたのかも。前作読んでみようかなと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

サンドラ・スコペトーネの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リゾートタウンの殺人 (扶桑社ミステリー)はこんな本です

リゾートタウンの殺人 (扶桑社ミステリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする