夜が終わる場所 (扶桑社ミステリー)

制作 : Craig Holden  近藤 純夫 
  • 扶桑社
3.42
  • (4)
  • (4)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594028725

作品紹介・あらすじ

アメリカ中西部の小都市の朝。警官のマックスとバンクがデニーズで変わりばえのしない朝食を待っていた。その時、警察無線が少女の失踪を報じた。夜勤明けの二人は招集に応じる義務はなかったが、バンクはマックスを引っ張るように少女の家に向かい、母親の前で号泣した。マックスには解っていた。バンクの娘も七年前に失踪していたのだ。だが、バンクの涙にはもっと深い意味があったのだ。二件の失踪事件は複雑に呼応し、警くべき真相に到達することになる。『ラスト・サンクチュアリ』の著者が放つ重厚な警察小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アメリカ中西部の小さな町のドロドロした雰囲気が肌で感じられた。その雰囲気こそが主人公のよう。

  • 現在と過去とを交互に読ませる構成。
    2人の相棒であり友人でもある刑事と少女失踪事件の謎。
    注目すべきはバンク刑事の心理。
    少し読むとからくりやオチまでわかってしまい、ミステリに期待する面白みを感じることはできなかったけれど、ひとえにバンクの心を知りたくて読む。

  • 物語の時系列が複雑に入り組んでいるので、集中して読まないとワケがわからなくなる。

  •  時間軸がわかりにくくて、ちょっと読むのが辛かった。簡単に言ってしまえば、子供への虐待を大人の視点から書いたものなのだけど、
    「罪」って何なのか、なんだか解説の通りでなんだけど、考えてしまった。あの中学生の恐喝事件だって、あんなに金額が多くなったからこんなに騒がれているけど、それすら始まりは無視されてしまったものね。面に出ない「罪」は、罪にならないのか。そんなことは、ない。でも、面に出なかった故に、罰を与えられないことは人をさいなむのだ。
    そんなことを、思った。

  • 前の職場でもらった一冊。
    長編ミステリー小説。
    結構厚い本でしたが、テンポもよく驚きの結末でした。

  • 少女失踪事件に端を発した、幼なじみ2人の刑事の生育からもたらされる秘めたる葛藤が生成した不条理な人間関係が、ミステリーと共に人生時間をいったり来たりしながら解きほぐされていくドラマ。人は正義/悪だけの価値では生きていくことが出来ないが故に、様々な世界を自他で作成しそれを楯にすることによって、自己を守ろうとするのだが、その楯の分だけ他者と離れてしまう、存在する為のある種の不幸について。

  • 少女失踪事件を題材にした、現代アメリカが舞台のミステリーもの。読み終わった後の深い余韻は、ミステリーだからと侮れません。

全8件中 1 - 8件を表示

クレイグ・ホールデンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェレミー ドロ...
宮部 みゆき
ケン・グリムウッ...
ボストン テラン
ウンベルト エー...
ドン・ウィンズロ...
カズオ イシグロ
ジェイムズ エル...
トム・ロブ スミ...
ジェイムズ・P・...
トム・ロブ スミ...
サラ ウォーター...
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする