チーズはどこへ消えた?

制作 : Spencer Johnson  門田 美鈴 
  • 扶桑社
3.53
  • (586)
  • (927)
  • (1466)
  • (223)
  • (67)
本棚登録 : 8159
レビュー : 1145
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594030193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大運やね。
    10年ごとの切り替わりで
    人はまさにコンフォートゾーンから抜け出す、
    またはコンフォートゾーン追い出される、
    またはコンフォートゾーンに
    長く居続けたことが原因で
    その場所がディスコンフォートになり、
    抜け出さなければならなくなる。
    またはディスコンフォートゾーンに
    挑戦しなければならなくなる。

    どれも結果的には同じことだけと、
    そういうことになる。

    で、どの道
    新たなディスコンフォートゾーンを
    開拓することになり
    切り替わり後、だいたい2.3年で落ち着く。
    そうこうして新たなコンフォートゾーンができあがるという訳です。

    そして、7年くらいたつと、じわりじわり腐食が進み
    9年後にはまた新たなる壁が用意されている、と。

    て、それ
    脱皮やね。

    生きているからその循環が繰り返される。
    ターンオーバー。

    排卵日付近の1番いい肌のままで
    いつまでもとどまれないのと同じ。

  • 迷路に隠されたチーズを追い求めるネズミと小人の物語。シンプルな物語だが,今の自分の立場や状況と重ね合わせながら深く考えさせられ,新しい気づきを与えてくれる一冊だ。新しい環境に飛び込む新年度の始まりに不安や戸惑いを持つことも多いだろう。そんなとき一歩踏み出す勇気をこの本を通じて感じてほしい。人生を切り開くのは自分自身なのだ。

    *推薦者(図職)Y.M
    *所蔵情報
    http://opac.lib.utsunomiya-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA84073259?hit=1&caller=xc-search

  • 変化を恐れず変化せよ

  • ◯2016.04.12 再読

  • ・人は考えを変えると、行動が変わる
    ・物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと
    ・小さな変化に気づくこと
    ・変化に早く対応すること
    ・自分が変わらなければ好転しない
    ・自分が変わるには、自らの愚かしさをあざ笑うことだ

  • 2匹のネズミと2人の小人の物語。
    それぞれ特徴的な性格を持っていて、どこか自分に当てはまる。
    物語が進むにつれて、あー、そうかと腑に落ちる。
    何かをやろと思ってる人は読むべき物語。

  • 考え方、変化への対応が心にどんな影響を及ぼすかが学べた。
    またそれを4キャラクターで分類することで、
    このキャラクターになりたい/なりたくない、
    ならないためにはどんな考え方が必要かを考える事ができる。

  • あまり期待していなかった。
    途中までは当たり前のことしか書いていないと感じ、退屈だった。
    しかし読み終わる頃には、本当に大事なことは当たり前の中にあるのかもしれないと思えるようになった。

  •  自分にとっての「チーズ(人生で求めるもの)」は何かと考えました。というのも、チーズが何かと意識せずに、積極的になれず、守りの姿勢が多くなってきたと感じているからです。チーズを求めその代償を恐れて、積極的になれないのか、はたまた自分にとってのチーズをもう手に入れていてそれを守っているのか。
     この本を読んでどちらにしても、前進するしかないと感じさせられました。確かに当たり前だと言われればそれまでですが、改めて言われると一歩を踏み出す勇気がもらえます。

  • ビジネス書としてかつてベストセラーとなり、その時から気にはなっていたものの月日は流れ、先日ふと本屋さんで見かけたので、今回手に取ってみました。
    アメリカンですね。全体的にアメリカンテイストがプンプンします。考え方の指南書であることは分かるのですが、これがなぜベストセラーとなったのか、私にはわかりません。
    数少ない要点を1つの本にするために無理やり引き延ばしている、私にはそのように感じました。物語の部分だけが、端的に絵本とかにまとめられて出版されていれば、それで十分だったのでは?

    とはいえ、この本に「今の現状にしがみつき甘えてはいないか」と問われれば、、、何も言えません。変化に対し行動しなければならない。この本はそれをグサッと念押ししてくれました。
    …結局影響受けてるのかも、自分。

全1145件中 81 - 90件を表示

チーズはどこへ消えた?のその他の作品

チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS) Kindle版 チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS) スペンサー・ジョンソン

スペンサー・ジョンソンの作品

ツイートする