看護婦探偵ケイト (扶桑社ミステリー)

  • 扶桑社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594032319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 看護婦から一転、私立探偵になったケイトに持ち込まれた事件は殺人の捜査だった。
    初めての重大事件に戸惑いながらも捜査を進めるケイトだが…。

    うーん。
    何とも中途半端な印象。
    意に添わない殺人事件の捜査に戸惑うばかりだったのが、何時の間にか犯人と対峙するほど立派になっていたり。
    怖がりという設定も無視されているところがあったり。
    ケイトの性格に一貫性がないように思えてしまうんだよね。
    変態と言われている大家との交流なんかは面白かったんだけどなぁ。
    あと、浅羽訳なのにところどころ違和感のある日本語があった。
    時代なんだろうか?
    全体的に残念な印象の一冊だった。

全2件中 1 - 2件を表示

浅羽莢子の作品

看護婦探偵ケイト (扶桑社ミステリー)はこんな本です

ツイートする