アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉 (扶桑社文庫)

著者 :
  • 扶桑社
3.76
  • (19)
  • (24)
  • (32)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :234
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594033255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 邪念が起こったときなど、自分を浄化してニュートラルに戻すのにちょうどいい本。
    アメリカインディアンの伝統的なモノの見方、考え方などをストーリーと偉人の言葉の構成で、一つ一つ解説してくれています。
    モヤモヤそたときに、パッとページを開いて、そのページの意味するところ読んだりするのにも、とても役立ちます。

  • いつも引き出しにそっとおいてある一冊。
    つらいとき、たまたま開いたページを読む。
    すると、不思議と元気が沸いてくる。

  • シンプルに感じて生きるべきか。

  • 日記の傾向が強い。焦点がやや自分中心になってる。インディアンの言葉じたいは意味深い。

  • 自然に生きる・本質的な生き方など、
    私は記憶にあまりないけれど、
    古き良き日本の姿にも似た
    社会の在り方を見たように思う。

  • 素敵な言葉がたくさんあります。心で読みたくなる書籍です。

  • じわじわと、そうだよなぁと素直に納得できる言葉が多いなぁと思いました。

  • 「アメリカ・インディアンの書物より賢い言葉」4

    著者 エリコ・ロウ
    出版 扶桑社

    p176より引用
    “少しずつ
    少しずつ
    行けるところまで
    進む。”

     フリージャーナリストである著者による、アメリカ・インディ
    アンの格言をまとめ解説エッセイをつけた一冊。
     彼らに伝わる創世記から道化師についてまで、味わい深い絵と
    ともに記されています。

     上記の引用は、数ある格言の中の一つ。クロー族の格言。
    結局自分の進める距離というのは、たかが知れているのかも知れ
    ません。けれど自分の進める分を確実に進むためにも、一日一日
    を大切にしたいものです。自分の行けない所を次の人に任せるた
    めにも、大切に丁寧に整えておくのがよさそうだと思いました。
     p82から書かれている話を読むと、普段からの行動の大切さを考
    えさせられます。産みっぱなし作りっぱなしではなく、日頃から
    手入れを欠かさないことが肝心なのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • インディアン達は平和な繁栄をしてきたという言葉が心に残った。
    自分の目に見えるものだけが世界のすべてとは言えないし思いたくないなー。

  • 私が持つ本の中で唯一何度も読み返す本。
    心に響く言葉がいっぱいつまっています。

全26件中 1 - 10件を表示

アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉 (扶桑社文庫)のその他の作品

エリコロウの作品

アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉 (扶桑社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする