パッチワーク

著者 :
  • 扶桑社
3.46
  • (32)
  • (28)
  • (109)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 291
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594037673

作品紹介・あらすじ

ロリータから淑女まで全ての乙女の為のデパートメントストアへようこそ!小説集「ミシン」で作家デビュー以前の幻の連載エッセイ「乙女の階級」「乙女の花道」や奥菜恵さん朗読で大反響のフジテレビ系「出会いのストーリー」のショートストーリーなど。ロリータ・恋愛・ファション・アートから詩編・人生相談まで、さまざまな珠玉の作品群を網羅した贅沢な一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よい。

  • 既読。

  • 中学生の時に古本屋で見つけて買った。
    それいぬと一緒にセットで買った。

    コンプレックスを持つ少女達にも
    女の子で良かったなぁ、と思わせてくれるのが
    この人の本だなぁ。

  • もう!のばらちゃんは、本当に、、、!

    なきました。

    強く想いあうこと、相手の幸せを願うこと

    すごく大切だなぁと

  • 野ばらさんは小説もいいけどエッセイがすきです

  • 面白い構成の一冊。女性のためのデパート仕立てです。
    少しずつ読みたい本です

  • 途中のカウンセラーの話が微妙
    でも、パニエやドロワーズの話は
    読んでて楽しかったのですらすら読めました。

  • ネガティブ上等。乙女は繊細かつ強く、自分らしくあれ。

  • やっぱかっこいい!

全26件中 1 - 10件を表示

プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

パッチワークのその他の作品

パッチワーク (文春文庫) 文庫 パッチワーク (文春文庫) 嶽本野ばら

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする