瀬島龍三 日本の証言―新・平成日本のよふけスペシャル

著者 :
制作 : 番組スタッフ 
  • フジテレビ出版
3.70
  • (6)
  • (4)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594038809

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大本営参謀、シベリア抑留、伊藤忠商事会長を経験した瀬島氏のオーラルヒストリー。
    やはり昭和の歴史を作った人の話は味があって面白い。
    以下、気に入った箇所

    ・シベリア抑留時代の労務で壁塗りがうまくなったので「佐官が左官になった」とからかわれた。

    ・伊藤忠に入社した際は「決算」という言葉の意味が分からなかった(その代わり「決戦」なら良く分かる、ともw)

    ・伊藤忠の業務部長を一度断った際のとある専務の落とし文句「瀬島さん。
    あんたは大本営で100万、200万の軍隊を動かしておったじゃないか。伊藤忠はたったの数千人だよ」

  • シベリア抑留についても在満邦人を労働力として提供することに同意する権限はないと言いながら(確かにないにも関わらず)、太平洋戦争において昭和天皇の意志を元に作戦を立案してきた参謀本部作戦課将校であることを差し引いてその言葉は聞くべきではないか。

  • こういう人もいたんだね、という本。評価は分かれると思うが。

  • 元大本営参謀の瀬島龍三さん。90歳を超えてもスゴク頭が切れる。「不毛地帯」や「幾山河」を読んでいるので内容的には新鮮味は無かった。高齢になったも,しゃきってしてるってのが印象的だったけど。

全6件中 1 - 6件を表示

瀬島龍三の作品

ツイートする