マトリックス完全分析

  • 扶桑社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594042219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宗教学的、文化人類学的、哲学的なアプローチからのマトリックスの分析。知的好奇心を大いに刺激してくれるが、この本をしっかり読む前にまず映画(reloaded, revolutionも含む)を5回は見るべき。
    そのうえで、宗教や哲学のバックグラウンド的知識を他の簡単な本で学び、それからこの本で良い。

  • こちらは、SF作家だけでなく、技術者、哲学者、宗教学者、経済学者等多岐に亘る論客が「マトリックス」を題材に語っている。
    必読は人工知能研究者・シンセサイザー開発者・企業経営者のレイ・カーツワイル「ヒトと機械の融合」、哲学者ニック・ボストロム「われわれはマトリックスのなかで暮らしているのだろうか?」程度ですけどね。ボストロム論文よりは、シミュレーション宇宙に関して、高橋英之氏(日本大学)による「コンピュータの中の人類」の方が、はるかに高等です。日本には凄い学者がいるのですよ!!
    http://trout.math.cst.nihon-u.ac.jp/~tkh/

全2件中 1 - 2件を表示

マトリックス完全分析のその他の作品

Taking the Red Pill: Science, Philosophy and Religion in "The Matrix" ペーパーバック Taking the Red Pill: Science, Philosophy and Religion in "The Matrix" グレン・ヤフェット
Taking the Red Pill: Science, Philosophy and Religion in "The Matrix"の詳細を見る ペーパーバック Taking the Red Pill: Science, Philosophy and Religion in "The Matrix" グレン・ヤフェット
ツイートする