ゆるキャラ大図鑑

  • 扶桑社
3.56
  • (15)
  • (17)
  • (47)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (100ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594046668

作品紹介・あらすじ

日本全国を網羅したご当地キャラ100選。週刊SPA!'03年1月14日号から'04年6月1日号までに掲載された連載「ゆるキャラだョ!全員集号」に、32体のキャラクターの新原稿を加えた本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2006 .4.20.3刷、カバー濡れあとあり、帯付
    2012.11.14.松阪BF

  • みうらじゅんのすごいところは、このゆるキャラをはじめ、いやげもの、とんまつりなどあまり一般人が反応しない部分に敏感に反応し、しかもそれを一般化してしまう(しまおうとする)プロデュース能力だろう

  • まちづくり本としてのポテンシャル。

  • とにかく強烈.
    日本人はかくもキャラクターを愛するのか

  • テレビチャンピオンのゆるキャラ選手権を見てからというものこの手の本には目がない。
    それぞれの地域、それぞれの人、それぞれの文化、、ゆるキャラには「夢」が詰まってる。でも時に詰め込まれすぎてとんでもないことになってるのが悲しい現実でもある・・・

  • 全国のゆるキャラがたくさん写真とともに紹介されています。なぜ、どうして、なんのために・・・ゆるキャラを見ていると自然とわき起る疑問。そんな疑問も氷解する事間違いなし!ってことはないんだけど。

  • 「日本全国を網羅したご当地キャラ100選」の本。真面目に読んだらかなり日本地理風俗の勉強になりそうだが膨大な量なので流し読み。ふじっぴー(静岡)とモッピー(大阪)は知っていた。

  • 元気くんとかヤバイ。元気
    よそ者にしてみれば、
    これちょっとどうかと思うよ的なデザインのキャラも満載だったけれど、
    でも彼らはどのこも地域住民に愛されて生きているのだと分かった。

    ナシテくんも、お世辞にも可愛いとは言えないけれど
    (ドシテちゃんはかわいい)、
    新潟県民にしてみれば、大切でかけがえのないキャラクターでなのである。

    ひこにゃんがいない

  • 会ったことのあるゆるキャラもチラホラ見えます。ゆるーい。

  • 一時期寝る前に読んでいました。程よいゆるさに癒されます。

全33件中 1 - 10件を表示

プロフィール

いとうせいこう●1961年東京生まれ。早稲田大学卒業後、編集者を経て作家デビュー。みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

みうらじゅんの作品

ツイートする